浄土真宗・平成26年 今月の法語

1月の法語

み仏の み名を称ふるわが声は わが声ながら たふとかりけり

甲斐和里子

2月の法語

人は 法を求めるに止まって 法に生きることを 忘れている

高光大船

3月の法語

帰ってゆくべき世界は 今遇(あ)う光によって 知らされる

浅井成海

4月の法語

一切は 縁において生まれ 縁においてあり 縁において去っていく

宮城顗

5月の法語

きのう聞くも 今日またきくも ぜひに来いとの およびごえ

お軽

6月の法語

深い悲しみ 苦しみを通してのみ 見えてくる世界がある

平野恵子

7月の法語

本当の相(すがた)になる これが 仏(ぶつ)の教えの目的である

暁烏敏

8月の法語

拝まない者も おがまれている 拝まないときも おがまれている

東井義雄

9月の法語

お念仏は 讃嘆(さんだん)であり 懺悔(さんげ)である

金子大榮

10月の法語

ただ念仏せよ 念仏せよ 大悲回向(だいひえこう)の 南無阿弥陀仏

梅原真隆

11月の法語

衆生に かけられた大悲は 無倦(むけん)である

廣瀬杲

12月の法語

永遠の拠(よ)り所(どころ)を 与えてくださるのが 南無阿弥陀仏の 生活である

坂東性純

真宗教団連合・今月の法話より

過去の今月の法語