平成27年今月の法語

表紙の法語

智慧(ちえ)・慈悲(じひ)のはたらき そのものが 「仏(ぶつ)」なのです

坂東 性純

1月の法語

称(とな)えるままが つねに御本願(ごほんがん)の みこころを 聞くことになる

香樹院 徳龍

2月の法語

拝むとは 拝まれて居た事に 気付き醒めること

高光 大船

3月の法語

死んで往ける道は そのまま 生きてゆく道です

東 昇

4月の法語

出会わねばならない ただひとりの人がいる それは私自身

廣瀬 杲

5月の法語

わしひとりを めあての 本願の ありがたさ

花岡 大学

6月の法語

ものが 縛るのではありません ものをとらえる心に 縛られるのです

仲野 良俊

7月の法語

私が 私であってよかった といえる あなたになれ

中島 みどり

8月の法語

今を生きずに いつを生きる ここを生きずに どこを生きる

大神 信章

9月の法語

煩悩の嵐の中にも 念仏において 本願の呼び声が 聞えてくる

正親 含英

10月の法語

世俗の論理の 行き詰まることを 教えるのが仏法

栗山 力精

11月の法語

如来の本願は 称名念仏(しょうみょうねんぶつ)にあり

藤元 正樹

12月の法語

生活の中で 念仏するのでなく 念仏の上に 生活がいとなまれる

和田 稠

真宗教団連合・今月の法話より

過去の今月の法語