平成29年(2017年)掲示法語

1月の掲示法語

南無帰命尽十方の無碍光を たたへまつらむ 初日かがやく (梅原真隆)

法話
平成29年 西暦2017年
南伝 仏歴 二五六〇年

梅原真隆師(昭和41年・82歳寂)は、富山出身、本願寺派勧学寮頭、富山大学長等の要職に就かれた学徳兼備の名師であり、その和歌には念仏の潤いが満ちている。

浄土からの光を初日にいただき、今年こそ「こころ明けまして」の日々としたいものです。

2月の掲示法語

「怒る」「欲張る」 習ってないのに できる僕 (たつお いちょう)

法話
『仏教こども新聞』に載っていた言葉ですが、私たちの心理を巧みに言い当てています。

二歳にして貪瞋(とんじん)の苦あり涙して 姉と争う欲しい欲しいと (西東京市 青柳妙子)

という歌もそうです。わずか二歳の幼子でも貪欲(どんよく)・瞋恚(しんに)の煩悩に胸をたぎらす。

実はそれがこの私の実態、ひいては人間凡夫の本性、娑婆諸悪(しゃばしょあく)の根元です。貪(むさぼり)・瞋(いかり)がなければ嫉妬も犯罪も戦争も起きない。

この抜きがたい人間の業苦(ごうく)を照らし、悲しみ、おさめとって下さるのが浄土の光・お念仏です。ナムアミダブツとお念仏するとき、その光が身に触れはたらいて下さり、また慚愧(ざんき)と歓喜の称名になってくださるのです。

3月の掲示法語

どこにいても 今の私の居る場所が 私の本当の居場所である (野田 風雪)

法話
昔から人生は生々流転(しょうじょうるてん)といい、その一生の間どこに居たかは各人各様です。

特にこの3月から4月頃は、進学、就職、転勤、転職、転居などで、多くの人々は居場所が変わります。「動」の時期です。

曇鸞大師(どんらんだいし)は「動の中で静を失わないのは智慧の力である」と言われています。

「どこにいても」が「動」の意味に当たり、「私の本当の居場所」と心が決まっているのが「静」の意味に通じます。

どこに居ても、念仏しましょう。「動中静あり」です。

いつも智慧の光をいただいて、心に安静を得たいものです。

4月の掲示法語

お光さまがきてくださると こころのもやもやが ひとりでにほぐれてゆくようでございます(榎本栄一)

法話
春先の朝、靄がかかり、車もライトをつけて走ることがありますが、やがて日がでてくると靄は消えていきます。

私たちの心にも「もやもや」が湧くことがよくあります。「くよくよ」「いらいら」「びくびく」「くしゃくしゃ」「・・・」。

そのようなとき「ナンマンダブツ」とお念仏が出てくださると、ひとりでに心が落ち着いてくる。お念仏は浄土からの光ですから、「もやもや」が消えるのです。それが仏智の不思議です。

ネットでは「もやもやの解消法」・・・それにはストレッチ体操だ、音楽だ等々いろんな対処法が出てきますが、お念仏・浄土の光は如来医王の根本治療です。

5月の掲示法語

おかあちゃんはいつもかがみみてきれいやけど あしのうらみたらまっくろやねん あしのうらもかがみみいやゆうてん (むらかみなおこ)

法話
「おとうさんは いつもにこにこして ひとにはじょうずにしゃべるけど ひとがかえったあとは わるぐちばかりいうてんね ひとつの口でようやるねゆうてん」

どちらも大人の盲点を衝いた子供の発言。

子供の目には大人の表と裏との矛盾が如実に写るのでしょう。

他人事だとは言えません。

私自身がこういう矛盾を抱えていながら、気付かずにいるのではないか。

そう思うとき、如来は「もの(人間)の逃ぐるを追わえとるなり(追いかけて救う)」という親鸞聖人の洞察が心に痛く響いてきます。

前向きに仏に順っているつもりが、逃げ・背いている私ではないか?子供の目にはどう映っているのやら…

6月の掲示法語

だぁれもいないひとりのとき おねんぶつさまがこうささやく ひとりぢゃないんだよ ひとりぢゃ (木村無相)

法話
「我、今、帰するところなくして、孤独にして同伴なし(私は今、もはや帰るべき場所もない。たった一人で、友も無く、地獄に堕ちていく)」と源信和尚の『往生要集』に出ています。

無間地獄に堕ちていく者の悲痛な叫びです。

大勢の中にいても真の理解者がいないと孤独、都会の満員電車の中でも孤独、家族の中にいても、疎外されれば孤独。

「いたかともいわれん」人は孤独…。

しかし、如来はつねに同伴していてくださいます。

「仏はつねに見たもう、仏はつねに聞きたもう、仏はつねに知りたもう」

念仏するとき「如来つねにわれと居ます」と安心できるのです。

7月の掲示法語

夏たけて 堀のはちすの 花見つつ ほとけの教え 憶う朝かな (昭和天皇 御製)

法話
この御製は、昭和天皇が昭和63年7月に皇居のお堀に咲く蓮の花をご覧になってお詠みになられたものです。

翌年1月7日に崩御されましたから、病中で仏のお慈悲を偲ばれたことでしょう。

陛下は人が「この雑草」と言ったとき「雑草という草花はありませんよ。どんなに小さな草や花にも名前があるのですよ。」と諭されたといいます。

雑草といわれそうな存在にも、一本一本、一人一人のいのちがある。

そのいのちを全うさせようと大いなる光が注いでいる。

「群萌(ぐんもう)を拯(すく)うために真実の利・名号を与えよう。」と誓われた仏の心も同じです。

真宗出雲路派 八王子山 了慶寺・掲示法話より