家族の問題のソリューションとして注目される永代供養墓

人気の春日部市で人口が減っている原因とは

春日部駅を一歩出れば、すぐに、春日部を舞台にした人気アニメ「クレヨンしんちゃん」のキャラクターが出迎えてくれます。

東武伊勢崎線(スカイツリーライン)と東武野田線(アーバンパークライン)が交差する接続駅ということで都心へのアクセスが簡単なため、東京のベッドタウンとして成長してきた春日部市は、「クレヨンしんちゃん」で描かれるような家族世帯が多く暮らす街です。

高度経済成長以来、人口増加の一途を辿ってきた春日部市ですが、ここ数年は東京の地価下落による「都心回帰」現象の影響で、人口増加数を転出数が上回っており総人口は減少傾向にあるようです。

永代供養墓『倶会一処』

人口減少の影響で顕在化するお墓の問題

人口減少は春日部市だけの問題ではなく、わが国は少子化により全国的に人口が減ってきています。

人口が少なくなると経済的な悪影響が懸念されるだけでなく、各家庭にも深刻な問題が起きるようになります。そのひとつがお墓の継承者問題です。

お墓とは、ご親族・ご遺族あってのものです。少子化や人口減少によってお参りする人がいなくなってしまうと、お墓を維持することができません。

この問題の解決策のひとつに永代供養墓というものがあります。

永代供養墓に埋葬された方は、継承者がいなくなった場合でも寺院が責任をもって、永代にわたって日々のご供養と管理を行なっていく墓地のことです。

永代使用料が低めに設定されており、後々の管理費や更新料が発生しないという利点もあります。

樹木葬専用墓誌

浄土真宗善源寺がご提案する永代供養墓の形

近年、核家族化、未婚化など様々な原因でお墓の維持・管理が困難になっていることは、実際にご相談を頂くことなどによって肌で感じられるようになってまいりました。

お墓を所有するのを躊躇なさっている方、あるいは維持できない方に代わって、浄土真宗善源寺が責任を持って永代にわたる供養と管理をおこなう場所として永代供養墓『倶会一処(くえいっしょ)』を建立いたしました。

「倶会一処」は宗旨・宗派を問わずご使用いただける上、まわりには樹木を植えており、樹木葬的な要素もあるため無宗教の方にも心地の良い環境となっております。

永代供養墓『倶会一処』

永代供養墓『倶会一処』

個別納骨・永代使用料  20万円

樹木葬・永代使用料   5万円

永代供養墓専用墓誌   5万円