地域の発展とともに変化するニーズにお応えするお葬式の形式

人口が急増し、新駅が続々と開業する武蔵野線沿線

埼玉県の南東部に位置する吉川市。

市の西側は中川が流れており、川の対岸は越谷市と草加市。東側は江戸川を挟んで千葉県と接しています。

都心への通勤圏内ということもあり、1973年に武蔵野線が開通してからは人口が急増しています。

武蔵野線は、沿線の人口増加に伴い新駅が続々と開業しており、将来の発展を見込んだ都市計画が進められています。

人口増加の多くは他県からの流入によるものであり、ファミリー層はもちろん、学生や独身者のひとり世帯も増えています。

変わりゆく葬儀のスタイル、家族葬という選択

核家族や独身世帯の増加によって、昔のような親類一同や大勢の友人・知人が参列する葬儀は少なくなる傾向にあり、故人との大切なお別れのセレモニーに「家族葬」を選択をされるご遺族が増えています。

家族葬が注目されているとはいえ、メリットとデメリットをきちんと理解して選ばなければ後々の対応に追われたり、後悔することになりかねません。

家族葬には、親族や近親者のみの規模の小さな葬儀となるため、予測される参列人数や葬儀日程の調整がつけやすい。

故人との関係性が不明な参列者や、遠い親族などへの気配りが必要なく、心理的な負担を軽減できるなどの利点がありますが、家族葬にする旨をしっかりと周囲に伝え、遠い親族や故人に関わりのあった方々に理解してもらう必要があったり、香典収入が見込めないため、費用面においてはそれほど優位性が無いことを知っておく必要があるでしょう。

浄土真宗善源寺は様々な葬儀の形式に応じることができます

吉川市のすぐ北に位置する松伏町の浄土真宗善源寺では、宗派・宗旨を問わず、どなたでも本堂・客殿をはじめ善源寺の施設にて家族葬を執り行うことができます。

通夜から葬儀・葬式にかけての一連の儀式は、親愛なるご家族に最期の別れを告げると同時に、故人様の最期の言葉、無言の想いに耳を傾け、残されたご家族・ご遺族の皆様自身の生き方、死に方を学ばせて頂く機縁となります。

浄土真宗善源寺では、どなたでも入会できる「光輪会」会員様向けのお葬式プランや、その他様々な形式の葬儀・葬式を執り行うよう設備を整えており、大切なご家族との最期のお別れのひと時をしめやかに営む事ができます。

光輪会プラン

光輪会プラン

光輪会会員様限定の葬儀費用・お布施・式場使用料といった葬儀にかかる費用をセットにした明瞭なプランです。


家族葬・葬儀プラン

家族葬・葬儀プラン

家族葬・一般葬・一日葬・直葬といった様々なご用命に合わせたプランとなっております。完全オーダーメイドでお見送りする事が出来ます。


貸式場プラン

貸式場プラン

他宗旨他宗派の方どなたでも当寺をご利用頂けます様に、貸切式場として本堂・客殿をはじめ善源寺の施設ををご利用頂けます。