吉川市でお墓・墓地をお探しなら光輪霊園へ    

吉川市にお住まいの方、お墓参りしやすい環境をご提案します

ふたつの川に挟まれた吉川市の歴史と今

吉川お墓

ふたつの川、江戸川と中川に挟まれた吉川市には、その地形を生かした文化が生まれ、特に川魚料理は江戸時代初期から「吉川に来て、なまず、うなぎ食わずなかれ」言われるほどの名声を誇っており、いまでも数多くの割烹・料亭が伝統の味を伝えています。

家庭でも、なまずを使った郷土料理が親しまれており、吉川は「なまずの里」とも呼ばれています。

吉川は近隣の自治体と同様、東京のベッドタウンとして発展しており、現在の人口は7万人以上。2万8千世帯が暮らしています。

なぜお墓が必要なのでしょうか

吉川墓地

人が亡くなった際、ご遺骨をお墓に埋葬して供養することが一般的ですが、この風習は法律で定められているわけではなく、国民に義務があるわけでもありません。

お墓を建てることは個人の自由です。ではなぜ、多くの日本人は故人のために墓地を購入するのでしょうか。

お墓を建てる理由のひとつは、故人を火葬した際のご遺骨の納骨場所としての役割にあります。

ご遺骨は自宅で供養することもできますが、管理コストや紛失のリスクを考えると、お墓に納めることが最も合理的であると考えられるでしょう。

また、お墓には、墓所にて故人を偲び、ご遺族の心のケアをするという役割があります。ご家族や故人を知る方は、お墓参りで故人のことを思い浮かべることによって、日々の生活のための活力を得ることができるのです。

お墓参りのことを考え、吉川市に隣接した松伏町という選択

吉川墓

墓地を選ぶ際には様々な条件が挙げられると思いますが、最も大切な条件の1つとして墓地の立地が挙げられるます。

自宅からの距離も大切になりますし、お墓までのアクセス方法なども重要になってきます。

善源寺のある松伏町は吉川市の北部に境を接しており、距離の問題はありません。

急な坂道のない平坦な土地ですので、お墓参りが負担となることも無いでしょう。

お墓が近く、お参りしやすい場所にあれば、必然的にお墓に行く機会も増えますし、その分お墓をしっかりとケアすることができるのです。