ごく親しい人だけで執り行なう葬儀

近頃の日本は社会の構造が変わっていき、葬儀に関する意識が変化しています。それは春日部市をはじめとした、当寺院の所在地でもある埼玉東部地域も例外ではありません。

そして地域の繋がりや血の繋がりが薄まり、最後のお見送りについても、ごく親しい人たちだけで執り行なう傾向が多くなっています。

こんな時代を反映させた形態のお葬式の一つとして、家族葬が一般的になりつつあり、埼玉東部で言えば春日部市のような都市部で主流になっている葬儀の形態になっています。

インターネットの情報も、日本全国の葬儀社などについての情報が容易に検索可能な葬儀専門の情報サイトが登場しています。

家族葬の特徴について

家族葬は、故人の遺族やごく親しい親族や知人だけで執り行なう葬儀のことで、義理で参列する人がいないため、落ち着いた気持ちでお見送りが可能なため、気遣いが不要です。

故人が勤めていた会社だけの関係の人や町内会などの方もお招きしないため葬儀の手配や準備にあまり手間がかからず、一番大切な故人をお見送りする時間を確保できます。

その分、どなたをお招きするかは前もって慎重に話し合っておく必要があります。

遺された遺族に精神的な負担だけでなく金銭的な負担もかけたくないという気持ちが家族儀が選ぶ理由となっています。

家族葬のメリットとデメリット

家族葬のメリットは、参列者を気遣う負担が少なく、故人とのお別れの時間を充分に確保できることや、受付やお香典の遣り取り、会葬返礼品などを省略して費用と手間の負担を軽減することが可能なことや、参列する人数を前もって把握しておくことができることなどが挙げられます。

一方デメリットは、周りの人たちに理解してもらう必要があることや、参列する人が少ないだけにお香典でもらうお金が少なくなるため少ない費用で葬儀ができないことがあったり、参列を遠慮していたはずの方が訪れた際に想定していない分かえって忙しくなってしまうことがあることが挙げられます。

もっとも、デメリットの面は順序だてて説明すればご理解いただけるものではある、ということを最後に付け加えさせていただきます。

葬儀社の選び方について

葬儀にかかる費用は最も心配なことの一つですが、幾つかの葬儀社から前もって見積もりを取って比較検討するのが良い方法です。

葬儀にかかる費用は地方により差があるため、要望や不安に感じていることを可能な限り詳細に伝えて見積もりを取ると実際にかかる金額に近くなります。

初めのうちはメールや電話でやり取りしていても問題ありませんが、実際に葬儀社に行ってみないと分からないこともあるので、ある程度候補の葬儀社が絞れてきた段階に入ったら直接出向いてスタッフと話をしてみると、改めて雰囲気が分かりやすくなります。

当寺院・浄土真宗善源寺でも葬儀を執り行っておりますので、春日部市を含む近隣にお住まいの方はお気軽にお問い合わせください。