吉川市にお住まいの方の葬儀

近頃は、親戚との繋がりや、ご近所付き合いの繋がりが希薄となり、仏事のやり方が継承されない傾向にあります。

吉川市にお住まいの方が葬儀を執り行なう際は、松伏町にございます浄土真宗・善源寺にぜひ一度ご相談ください。

葬儀や法事の場で読経してもらいたいが、付き合いのあるお寺がない、付き合いがあってもお寺が遠方という方は多く、そういった方の為に広まっているサービスが僧侶派遣です。

吉川市をはじめ、近隣地域にお住まいの方の葬儀を承る当寺院では、高額で相場がよく分からないといわれるお布施についても明確にご説明致します。

家族葬の特徴について

人、物、言葉、、、時代が移り変わるに伴って様々なものが変化していきますが、お葬式の方法についても例外でなく、それもまた時代によって変わってきています。

一昔前には知られていなかった家族葬ですが、近頃では当然のように利用されるようになっていて、都市部で主流となってきていて全国各地に評判が広がっています。

家族葬とは、故人の遺族や、身内だけで執り行なわれる葬儀のことになります。

ときには、故人が生前にとても親しくしていた親友なども加わる場合があります。

ほとんどの人が火葬場までお見送りする間柄の人たちで執り行なわれます。

家族葬のメリットについて

家族葬に参列する人は極めて少人数になっています。

小規模で執り行うことができるので葬儀にかかる費用を抑えることが可能になることが一番大きなメリットになります。

執り行なわれる場所も、装飾に無駄がないため一般的な葬儀費用よりも安く済みます。

また、弔問に訪れる方の数も少人数のため対応が簡単で、お食事の準備も気遣いが少なくなるため、喪主の遺族にかかる負担が軽減されます。

故人と生前に親しくしていた親友が弔問に訪れても、席順について悩んだり挨拶に時間を割く必要もないため、故人をお見送りする時間がしっかり確保できることができます。

時代の流れと葬儀の変容

故人の遺族以外の方が弔問に訪れるときには、接客が簡素なことや礼節を軽んじていると感じたとしても多少のことは、理解を示す必要があります。

また、故人の遺族の方たちに対する心配りとして、可能な限り弔問することやお香典を差し上げることも遠慮する方が良いです。

今でも伝統的な昔ながらの葬儀は執り行なわれていますが、都市部においては小規模で個性的な葬儀が一般化していて核家族化や少子化、ご近所付合いが減ることなどが進んでいます。

これからは日本全国でお寺との関わりが新しい形に変容を遂げつつあります。