埼玉県吉川市の家族葬について

近頃は生活のスタイルが変わってきたり核家族化が進むなどして、昔のような家族の関係性は崩れつつあってお葬式の考え方も多様化しています。

多様化の一つとして増えているのが家族葬になります。

家族葬は、遺族やかなり親しくしていた人のみで執り行なう小さなお葬式のことで、お通夜や告別式は一般形式と同様に行われます。

費用をあまりかけないでお通夜や告別式を執り行ないたい場合や、故人が生前に望んでいたお葬式をあげて欲しいなどといった理由で選ばれています。

善源寺は埼玉県吉川市と隣接した松伏町にあり、吉川市で亡くなった方のお葬式も承っております。

家族葬のメリットについて

家族葬のメリットは、一般葬と比較すると費用が少なくて済むため、故人の家族の出費が軽くなることが挙げられます。

お出しするお料理の料金や返礼品などの費用を削減することが可能です。

また、故人の家族がお見送りに集中できるというのもメリットです。

一般的なお葬式では、たくさんの参加者が弔問に訪れるので故人の家族は気疲れしてしまうことがよくあります。

また、参加者との応対に時間を割く必要があるので、故人をゆっくりお見送りすることが、なかなかできないということもよくあります。

しかし家族葬だと故人の家族の負担を減らすことができます。

家族葬のデメリットについて

また、一般的な葬儀はほとんどの費用をお香典から捻出しますが、家族葬のデメリットは参加者が少ないため負担する費用が高くなる場合があることが挙げられます。

また、故人が生前に親しかった人などに通知が行き届かず最後のお見送りが叶わなかったという想いを残してしまうということが挙げられます。

また当日に参加できなかったため、後になって亡くなったことを知った人が葬儀の後に問合せてきたり、お悔やみを伝えに自宅に訪れたりして、故人の家族が対応に追わることで精神的に負担になることもデメリットに挙げられます。

密葬との違いについて

葬儀を済ませた後は、お招きしなかった方のお見送りをしたかった気持ちを大事にする必要があります。

可能であれば、家族葬とは別に葬儀にお招きできなかった故人の生前の友人、知人を招待して偲ぶ会などを催すのも良い方法です。

また家族葬と密葬は違いがあり、密葬は本葬を執り行なう前に遺族などだけで執り行なうものですが、日を改めて本葬を執り行なうことになっています。

本葬は故人が生前に会社で関係がある方や知人の方などがたくさん参加し遺族がとても忙しいために前もって密葬を本葬の前に執り行なっておきます。