埼玉県越谷市の永代供養

お墓は代々子孫が受け継ぐものですが、近頃はお墓の後を継ぐ人がいないことに悩んでいる人も増えていて永代供養墓を望まれる方も多くなっています。

永代供養墓は、お墓の後を継ぐ方がいないため管理ができなくなった方に代わって霊園やお寺が永代に管理や供養を承ることです。

永代とはいえ、すぐに他の人の遺骨と合祀される場合と、それぞれのお寺の規則で定められた期間が経過したら合祀墓に他の人の遺骨と合祀されることがあるため、しっかり確認する必要があります。

埼玉県越谷市をはじめとする東部地域の方が当寺院の永代供養墓をご利用する場合は、三十三回忌まで骨壺の状態で安置し、三十三回忌が経過したときに合祀します。

永代供養墓のメリットとデメリット

永代供養墓は子供や孫にお墓の管理による手間をかけさせたくない場合や、子供は息子がおらず娘だけのため後を継ぐ人がいない場合などに選ばれています。

メリットはお墓を建立するのに比較して費用が安いことが多いことや、永代に亘り供養してくれるため遺族がお墓を管理していく必要がないことなどが挙げることができます。

デメリットは、形式の選択次第では遺骨を他の人の遺骨とまとめて葬られてしまうことや、永遠に供養をしてくれるという訳ではない場合があることや、一回葬ると他の人の遺骨と分けることができないことなどが挙げられます。

遺骨の収納の方法について

遺骨を収納する方法には何通りかの方法があります。

集合安置型では、他の人の遺骨と共同の納骨棚に安置します。

埼玉県越谷市の故人の永代供養墓を善源寺で承る場合は集合安置型で安置します。

個別での参拝ができないという欠点はあるものの、個別安置型より費用が安くなることがほとんどです。

個別安置型では、遺骨を故人ごとに安置し、参拝したい故人の遺骨にお参りできる特徴があります。

集合安置型も個別安置型も決められた期限が過ぎれば合祀されることになります。

合祀型は、遺骨をすぐに合祀するため遺骨を復元できませんが費用は安くなります。

永代使用料と永代供養料の違い

お墓を建立するときには霊園やお寺に永代使用料を支払います。

この料金はお墓の場所を永代に亘り使用する権利を買い取るお金になります。

これはお墓の場所を使用できるという権利で、お墓の区画の土地を買い取った事にはならないです。

使用するための権利である為、お墓の区画を他の人に売り渡したり貸し出したりすることは禁じられています。

永代使用料と永代供養料は間違えられやすく、永代使用料の方はお墓の区画の土地を使用する料金で、永代供養料の方は霊園やお寺が遺骨をお預かりして、永代に亘り供養する料金になります。

似ているようで意味は全然違うため注意が必要です。