墓地を移す改葬の申請手続き

都会に住んでいて、故郷にあるお墓が遠過ぎるので、お墓参りになかなか行けないため、近所にお墓を移すことを希望している人が増えています。

お墓を改葬するときには、新しく移す所と今お墓がある所の証明書を管理者から発行してもらって、申請書に証明書を添えて、今お墓がある役所や役場に提出し、許可証を受け取るという手続きの流れになります。

事務的な申請手続きがたくさんあって複雑になりますが、春日部市にお住まいの方が善源寺に墓地を移す事を検討している場合は相談の上、段取りを確認するのが良い方法です。

お墓の移動先の選び方について

改葬はお墓の場所を移動することで、今あるお墓の場所から新しいお墓の場所へ遺骨を移動させることです。ほとんどの場合が墓石は移動させずに、遺骨だけを移動することになります。

改葬するときには、移動先が重要になります。

霊園や墓地に、寺院が運営する墓地だけでなく公営の墓地や、民間企業が運営する霊園などがあります。

春日部市にお住まいの方も利用できる私たち善源寺は、寺院が運営する墓地に該当します。

まずは、それぞれの特徴を充分に理解して、自分の合う所を探す必要があります。

場所を選ぶには、その場所へ行く交通手段や、設備、周りの環境が大切になります。

良いお墓の移動先の選び方

一人で移動できる場合は交通手段は、軽視されがちですが、高齢になったときに難なくお墓参りができるかは大切です。

充分な広さの駐車場が設けられていれば、自動車で子供に連れて行ってもらうことも可能になります。
最寄りにある駅から徒歩で行けたり、バスなどが頻繁に走行していれば、一人でお墓参りに行くこともできます。

実際にその場所に交通機関を使って行ってみると分かりやすいです。

また平日と土曜、日曜、休日とではバスが走行している状況が違うため確認しておく必要があります。

景観を損なうものがないかや陽当たりなどの周辺の環境も大切です。

運営する組織による特徴

公営の墓地については、特定の宗教による限定がなく、他が運営する所と比べると安いため人気があり、抽選に当選する必要があります。

そして遺骨が既に手元にある方でないと、ほとんどの場合申込むことができなくなります。

民間企業が運営する霊園は、制約が少ない分費用は高くなります。

寺院が運営する墓地は、お寺が管理している墓地で、そのお寺の宗派を信仰していることが条件となりますが、その分手厚い供養を受けることができます。

春日部市の方のお墓の移動を承る当寺院、浄土真宗善源寺は、寺院が運営する墓地の一つになります。