家族葬はどんなものか

今の日本は核家族化や少子高齢化が進むという社会の背景によって葬儀の多様化も進んでいます。

葬儀は小型化が進み、その一つとして家族葬が執り行なわれることが多くなっています。

一般的には家族葬は身内などといった近親者だけで執り行なわれる葬儀のことです。

規模は小さいのですが、お通夜や告別式、火葬の全てが行われます。

この葬儀を執り行なうときにはごく限られた人たちだけで葬儀を執り行なうため、お香典を受け取ることを差し控えることが多くなっています。

家族葬は参列者に気を遣ったり、対応したりする時間に追われずに葬儀を執り行ないたい方々に選ばれています。

埼玉県松伏町にある善源寺の家族葬

埼玉県松伏町にある善源寺では、様々な葬儀を執り行なっていて、故人がかなりご高齢で亡くなられたので、ご存命の知人や友人が少ない葬儀を執り行なう場合や、葬儀にあまり予算をかけたくない場合、故人の生前の希望で小ぢんまりと執り行ないたいといった様々な要望に応えることができます。

埼玉県松伏町にある善源寺で執り行なわれる家族葬のメリットには費用の負担を抑えたり、参列者にお出しする食事や引き出物の費用を抑えることが可能なことが挙げられます。

また、余裕がある時間の中で故人をお見送りすることもメリットとして挙げることができます。

家族葬に必要な対応について

家族葬のデメリットには故人が亡くなったとこを知らなかったことを故人の知り合いに不満に思う人が出る可能性があったり、かといって漏れなく訃報を知らせると弔問に来てしまう人も出てきてしまい、対応する必要が発生したり思いがけない出費が生じる可能性があることが挙げられます。

想定していない弔問がないようにするためには、葬儀を執り行なった後に報告という形で葬儀を済ませたこととそのお詫びとをお伝えする方法もあります。

そのことに苦言を言う人もいますが、お詫びするときに、故人の生前の希望で執り行なった事を丁寧に説明して理解してもらうことが大切です。

密葬の葬儀との違いについて

密葬は、日を改めて本葬を執り行なうことになっていて、前もって近親者のみで執り行なうとして、有名人や特定の企業の社長が亡くなった場合などに近親者のみで密葬を執り行ない、落ち着いてから告別式や本葬の用意をするという場合が一般的なケースになります。

亡くなったのが年末年始で参加できる状況でないときにも、密葬を執り行ない日をおいて本葬を執り行なうことがあります。

密葬は家族葬と混同されがちですが、家族葬には別途本葬を執り行なうことがないのが大きく違う点です。

密葬では日をおいて、お別れの会を催すこともよくあります。