時代の流れの中で注目される小さな葬儀

近頃の日本では、少子化や高齢化社会の状況が深刻になりつつあり、それに伴い家族のあり方が変化していったことによって葬儀の形も多様化しています。

近頃の葬儀は、小さい規模な葬儀が評判が良く、多くなっています。小さい規模の葬儀の中でも一番評判が良い葬儀が家族葬になります。

家族葬は、ご近所様や仕事でしか関係がない人、顔見知りなだけの知人はお招きせず、故人の家族や、ごく親しい人たちのみで行う葬儀です。

必要な事や、式の流れなどは一般的な葬儀と変わりありませんが、少ない人数で執り行なわれるので一人一人の想いを込めやすいという特徴があります。

埼玉県春日部市の家族葬

家族葬のほとんどが、お招きした親しい人以外には弔問することだけでなくお香典や供花、供物についてもご遠慮しているのが一般的です。

この葬儀は、故人が生前に遺族に負担を負って欲しくないという要望があった場合や、ごく親しい身内のみで落ち着いた時間の中で故人をお見送りしたい場合、遺された遺族も高齢なために儀礼的な行為をなるべく省いていきたい場合などに選ばれています。

善源寺では、埼玉県春日部市の隣にある松伏町に位置していて、春日部市で亡くなった方の家族葬などを含めた様々な葬儀を承っています。

メリットとデメリット

家族葬のメリットは、故人とお別れをするための時間を落ち着いて過ごすことができることや、葬儀にかかる費用を安く抑えることが可能なことや、弔問客を極力少なくしているため一般的な葬儀のように、おもてなしや気遣いにかかる遺族への負担がかるくなること、弔問客の人数が予め把握することができるため返礼品やお出しする料理の用意が簡単なことなどが挙げられます。

デメリットには、葬儀の日取りを聞きつけた人が弔問に来てしまって想定していない対応に追われることや、葬儀が済んでから亡くなった事実を知り弔問できないことに不満を持つ人がいることなどがありますが、家族葬を執り行う意図や考えを物故された方やご遺族の意思としてきちんと説明さえしてしまえば、さほど大きなデメリットではございません。

家族葬のトラブルを避けるポイント

先述の通り、家族葬にはメリットもデメリットもあるのですが、家族葬を選んだときには、お香典や弔問を遠慮させてもらったという意思を理解してもらうことが大切です。

どこまでの親族をお招きするかや、誰に知らせておく必要があるか、お香典や供花をご遠慮するか、それとも受け取っておくかを前もって話し合う必要があります。

そして葬儀が済んだ後に弔問を遠慮した人たちに訃報を差し出すときには、故人の遺志で遠慮願ったことや遺族の意向により葬儀を済ませたことを挨拶文にしたためる必要があります。

そこできちんと説明を果たしさえすれば、家族葬を執り行うことに異論を挟まれることは少なくなることと考えられます。