最近の葬儀はアクセスが重要

葬儀を行う際に重要な点と言いますと、最近は交通機関を利用したアクセスの良さを挙げることが出来ます。

埼玉県吉川市をはじめとする県東部エリアには、電車によるアクセスが非常に便利な葬儀場が多数存在しています。

また、葬儀場は、高齢者等にもやさしいバリアフリーを採用していたり、託児スペースが用意されている会場を選ぶことをおすすめしております。

また多数の参拝者が来場することが予想される場合は、比較的大型の駐車場が設置されている会場を用意する必要があります。

予算等も含めて、まずは親身になってくれる葬祭会社にしっかりと説明を受けることが重要です。

様々な宗派に対応していることが重要

仏教の葬儀と言っても、日本には様々な宗派があります。中には対応を断られる宗派もある可能性があります。

そのため、自分の宗派で葬儀を行う場合、会場がしっかり対応していることが非常に重要です。

埼玉県吉川市には非常に多くの葬儀用会場がありますが、取り扱う葬祭会社も多数存在します。

また、同じ宗派でも料金形態が微妙に違っている可能せいがあります。

住職に支払うお布施や戒名代などは高額になる傾向にありますので、後々のトラブルにならないよう、事前にしっかりと予算等を会社側と確認することが大切です。

葬儀スタイルにも注意を

通常の葬儀は、初日にお通夜があり、その翌日に告別式を行い、火葬場で会食をした後に改めて会場でお経をあげてもらうスタイルが一般的です。

しかし最近は、参拝者にはお通夜のみで済ましたり、逆に告別式を前倒しにしてお通夜は省略するケースもあります。

参拝者の中には、生前に非常にお世話になった人との最期の別れに、遺族側の採用したスタイルで立ち会えなかった等の場合も考えられます。

そのため、ハガキ等を出す際は、自分たちが行うスタイルをしっかりと明示することは忘れてはなりません。そうすることでトラブルを回避することが出来ます。

定期的な回忌についても考慮する

葬儀が終わった後は、通常は49日法要や三回忌など、数年後の参拝が発生します。

一般的には、こうした参拝は親族や親しい人の間で行うものですが、その際も葬祭会社に相談すれば、会場や住職の手配から、回忌法要後の食会場も抑えてくれます。

埼玉県吉川市には、交通アクセスも良く、様々なタイプに対応した会場が多数あります。食事の形式も、宗派が仏教だからと言って和食・洋食にこだわる必要はありません。

亡くなった人の生前を慎ましくも楽しく語り合える会場を手配してくれる、親身に相談に乗ってくれる葬祭会社を見つけることが大切です。