松伏町にある善源寺の家族葬

近頃の日本は、少子高齢化が加速し生活形態も変わっていて、葬儀についても多様化や小型化が進んでいます。

色々ある葬儀の一種に家族葬があり、近頃増えている葬儀の形式のひとつです。

家族葬はご遺族などといった近親者のみで執り行ない、社交辞令などで弔問するのを遠慮する葬儀になります。

この葬儀が選ばれているのには、お金をあまりかけずに葬儀を執り行ないたい場合や、親しいお身内のみで静かに行いたい場合、高齢で亡くなられたためにご存命の参列者の方が少ない場合があります。

松伏町にある善源寺では様々な家族葬のプランを用意しています。

家族葬の利点について

葬儀を執り行なう場合の形式を家族葬にするかどうかについて迷っている場合は、当寺院に相談するのが一番ですが、利点と欠点を整理するのも良い方法です。

比べてみることによって決断しやすくなります。

家族葬の利点は費用が抑えられることが挙げられます。

また、参列者を最小限に抑えているため気を遣う必要がなく、精神的にも体力的にも遺族にかかる負担が軽減することも利点の一つです。

また、一般参列者をおもてなしする必要がないため会葬返礼品や受付を用意する必要がなくなるのも利点の一つです。

家族葬の欠点について

また、前もって故人の周りの皆様に理解を得ておく必要があるということが欠点として挙げられます。

参列者も少ないため、香典のお金だけでは葬儀の費用が賄うことができない場合があることも欠点の一つです。

前もって訃報でお知らせしたとしても、葬儀の当日に参列に訪れてくる方も出てくる場合がありますが、わざわざ訪ねてきた方を断る訳にはいかないので、お料理の手配や返礼品の用意などの対応に追われる可能性があるというのも欠点の一つです。

そしてご親戚や参列を遠慮してもらった方から苦言を呈される可能性もあるので、今後の交際を考えて慎重に対応する必要があります。

服装や作法などについて

家族葬を簡略化された葬儀だと考えている人もいるのですが葬儀には違いないため、服装や作法も一般的な葬儀と違いがありません。

参列するときには、一般的な葬と同様に喪服で、お香典については通知に辞退することが述べられていなければ、用意する必要があります。

また、通知に辞退することを述べていても、一応用意をしておいたほうが良いです。

お香典の金額も他の形式の葬儀と同じですが、知り合いに同じ葬儀に参列する人がいる場合は金額を相談しておくのも良い方法です。

葬儀を家族葬で執り行ない、一般の参列者には日を改めて偲ぶ会などを催して対応することもできます。