越谷市を含めた都市部・首都圏で注目される家族葬

家族葬は故人の家族や親しい親族だけで行う葬儀のことです。

この葬儀は、越谷市を含めた首都圏をメインに選ぶ人が多くなってきています。

必要になることや式を執り行なう流れについては他の形式の葬儀と、ほとんど変わりませんが、少ない人数で執り行なうので、参列する一人ずつ込めた想いが反映されやすいという特徴があります。

家族葬を執り行うときには、ご縁があっても葬儀にお招きしない人に故人が亡くなったことを知らせずに葬儀が済んだ後に亡くなったことを知らせなかった事情や趣旨を伝える必要があります。

家族葬のメリットについて

家族葬が選ばれているのは、費用をあまり使わずに、お通夜や告別式を執り行ないたいときや、限られた人数で葬儀を静かに執り行いたいときや、故人がかなり高齢のためご存命の参列者が少ないときや、故人が生前に小ぢんまりした葬儀を希望していたことなどが主な理由に挙げられます。

この葬儀のメリットは、親しい親族だけの少ない人数で行うため豪華絢爛な祭壇を用意したり、参列者にお香典返しやお食事などといった費用が発生しないので安い費用で執り行えることが挙げられます。

また、参列者への応対が最小限で済むため故人をお見送りするための時間を確保することができます。

家族葬のデメリットと対策について

家族葬の準備は身内が参列することが大半なため気を遣うことなく総合的な手間を省くことができます。

家族葬のデメリットは、お招きしていない人が故人をお見送りすることができないことが挙げられます。

日を改めて弔問を希望する方が多いこともあり、その場合は葬儀が済んでからも弔問客との対応に忙しくなることがあるため、前もって対策を練っておく必要があります。

また、親族の中には葬儀に一般的なお葬式のイメージを描いている人も多いため家族葬に対する理解を得てもらうためにメリットと故人の生前の希望であったことを丁寧に説明しておく必要があります。

このように家族葬はデメリットが決してない、といいきれるものではありませんが、対策を講じ、親族を含めた周りの方のご理解さえいただければ非常に理にかなった葬儀のかたちであるということがわかります。

日を改めて執り行なう本葬

お葬式には遺族が故人をお見送りをすることだけでなく、生前に故人が交流があった人たちとお別れをする意味合いも込められています。

家族葬だけでは、このような役割を果たすことが充分にできないため、当寺院の場合もご利用される頻度の多い近隣の越谷市にお住まいの方を含めて日を改めてお別れ会などを執り行なう場合が増えています。

遺族だけで執り行なう密葬と生前に故人が交流があった人たちが参列して執り行なう本葬という形で、遺族がお見送りをする葬儀と生前に故人が交流があった人たちとのお見送りの葬儀を分けて誰もが納得する形で執り行なうことができます。