春日部で家族葬が増加しています    

故人への哀悼を表す通夜・葬儀

春日部葬儀

亡くなられた故人の方に対する儀式は古来よりとても大切にされてきました。

それは同居していたご家族や親族だけの悲しみを表す場としてだけではなく、故人の方が生活していた近隣共同体としての儀礼でもあり、地域ごとに風習や習慣に違いはあっても、葬儀は厳粛なものとして受け継がれてきました。

関東地方の一翼を担う、埼玉県の春日部でもそれは当然のことで、家族葬だけではなく地域の出来事として葬儀は重要な位置づけを持っています。 つまり、家族という最小単位だけの出来事ではなく、お葬式という式典は、地域社会にとても大切な出来事なのです。

変わりつつあるお葬式の在り方

春日部市家族葬

古代より受け継がれてきた、地域性のあるお葬式の方法ですが、人口が増え地域が過密になるにしたがってそのありようも変化してきました。

かつてのようなエリアごとの親密さが次第に希薄になってきており、人口の増減に関わらず、人々の関係性は薄らいできているというのが実情です。

こういった状況から、かつては居住地域の一大イベントとして受け止められていた葬儀という儀式の形が、核家族の増加によって世帯だけで葬儀を執り行おうとする家族葬が主流となる流れが顕著になってきています。

春日部のようなベッドタウンになると、地域での連帯意識はますます薄れ、近隣住民にも知られないような仕方で家族葬を済ませてしまう、というケースも増えています。

葬儀会社の対応について

春日部市葬儀

全国的に家族葬が増えている現在、日本各地の地域ごとのお葬式の習慣というものも変化が生じています。

地方独自の習慣が次第に薄れてゆき、ある程度全国規模で葬送の仕方が平均化されてきており、各地の葬儀会社でもマニュアルのようなものを準備していて、どのようなスタイルにでも対応できるようなサービスを展開しています。

無論、増加している家族葬への対応は迅速なもので、全国あまり差がない仕方で、個人宅であってもアパートであっても、高層マンションであっても、高齢者福祉施設で臨終を迎えた方に対してでも対応できるようにシステム化されてきています。

近隣世帯への配慮も大切

春日部お葬式

家族葬が増加すると、地域ではお知らせが回覧されるだけで、かつてのように花輪があげられたり、霊柩車が自宅まで来るというような機会が減ってまいりました。

そのため、いつの間にかご近所の方が亡くなっていた、あるいは亡くなったことにすら気付かなかった、ということもしばしば存在します。

葬儀を出す側からすると家族だけで静かに送ってあげたいという思いがり、あまり地域で仰々しくしたくないという心理があるようです。

セレモニーホールなどはそのことも踏まえており、少人数で運営しあまり目立たない車両を使用するなど配慮が行き届いているのが特徴です。

春日部周辺で家族葬を始め葬儀に関するご相談は、宗教法人善源寺までどうぞ。