春日部市で亡くなられた方の葬儀について    

埼玉県春日部市で亡くなられた方の葬儀について

近頃は核家族化や少子化などが影響を与えて、親しい方や遺族だけで葬儀を執り行ないたいと考えている方が多くなっています。

葬儀も多様化していてその一つに家族葬が挙げられ、家族葬を選ぶ人が増えています。

家族葬のメリットには、ごく限られた人しか参列しないため参加している人に気を遣い必要がないということで体力面だけでなく精神面でも負担が軽減されるということが挙げられます。

善源寺は埼玉県春日部市に隣接しておりますので、春日部市で亡くなられた方の家族葬だけでなく様々な形式の葬儀に対応する事ができます。

家族葬のデメリットについて

デメリットとしては、葬儀を執り行なう前に周りの人に理解を得る必要があるということが挙げられます。

そして、葬儀に参加する人が少ないためにお香典の収入で葬儀にかかる費用が賄うことができないことがあるということも挙げられます。

また、葬儀が執り行なわれる前に葬儀に参加することを、ご遠慮願っていても、参加を切望されて葬儀の当日に訪れて来た方に料理の手配や返礼品の用意に奔走することがあるということも挙げられます。

故人が亡くなったことをお知らせしていない親戚などから非難される可能性があることも挙げられます。

一般的な納骨について

葬儀が済むと納骨を行うことになりますが、遺体が火葬されて遺骨となった骨は骨壷に入れてお坊さんがお経をあげる祭壇か仏壇などに安置しておいて、準備が整ったら納骨堂やお墓などに納めることです。

いつまでに骨を納めなければならない決まりは存在せず、墓地埋葬法という法律でも骨を納める時期は定められていません。

骨を納めるお墓がある人は四十九日法要の日に行うことが多いです。

四十九日法要で親族が集合し、読経をお坊さんにあげてもらい、お墓に骨を納めます。

納骨するときには、墓地の管理事務所に埋葬許可証を提出する必要があります。

様々な納骨の方法について

遺体を火葬した、その日にお墓に骨を納めることもあります。

故人への気持ちが整理できない場合や、お墓がなかなか用意できない場合は何年間も自分の家に安置する人もいるため骨を納めるタイミングは人によって色々あります。

遺族が納得できる機会に骨を納めることが大事なことになります。

お墓を買うまで霊園や寺院にある、お堂に一定期間預けることも可能です。

故人の生前の希望に従って海に散骨したり、山林に納める樹木葬を執り行なうこともあります。

近頃は手元に遺骨を残しておく手元供養を行う方も増えています。