春日部の霊園での永代供養の需要の高まり    

現代のお墓に対する考え方

現代、お墓の在り方の考え方は多様化しております。

少子化問題や核家族化によって代々のお墓を受け継いでいくことが困難になっている状況が多くあります。

そんな中、お墓の良い意味での簡素化を求め、永代供養墓を選ぶ方が増えています。

永代供養墓とは、お墓の管理維持を霊園側が行うもので、継承者がいない場合にも安心してお墓に入れることが大きなメリットです。

たとえ継承者がいる場合でも、お墓を維持するためには費用面でも掃除などの管理などの負担もあります。

そうしたしがらみを無くして、安心して永遠の眠りにつくことができるものなのです。

永代供養のメリットについて

このお墓の形式の良さは継承者問題以外にも多くあります。

まずはその費用面の安さにあります。

墓石を購入し、お墓を建てるということはとても大きなお金がかかるものです。

永代供養墓であればまず最初に決められた費用をお支払いいただければ、永代に渡って供養管理してまいりますので、年間の管理料をお支払いいただく以外のお金がかかることがなくなります。

また、ご夫婦やご家族、ご親族ではなく、同じくお墓の継承者のいらっしゃらないご友人などと一緒に入ることができる永代供養墓をお選びいただくことで、これまでの様式にとらわれない、新たな形式を選択できる良さもございます。

大切なお子さんやお孫さんにお墓の維持の負担をかけることを苦痛に感じてしまう、そんな方にも最適なお墓です。

春日部の霊園の人気について

このように寺院や霊園が遺骨を管理するお墓の形式は、少子化や核家族化の進んでいる現代ではとても人気が高まっております。

特に春日部近くにございます善源寺の擁する光輪霊園のような霊園は、交通の便も良く、都心から近くもあり、適度な自然もある、ということで、静かに穏やかな永遠の眠りを望んでいる方にはとても人気のエリアになっています。

霊園にお参りに行くお子さんやお孫さんが気軽に行きやすい場所ということも人気の理由のひとつです。

美しく整備された霊園内は、お墓に入る方も、それを見送る側としても安心感を抱くことができます。

代々続くお墓の必要性が重要ではなくなりつつある現代、このような形態のお墓を求める方が多くなっているのです。

現代のお墓の在り方について

こうした永代供養墓を選ぶ方が増加しているのは、ご自分が亡くなられた後も、ご自分の思いを優先して過ごされたいというような、様々なことに関して自由度が高くなっている今の世相も一因であります。

もちろん、継承問題も根底にはありますし、血縁関係の希薄化も否めないこととしてあります。

煩わしい関係を気にすることなく、また費用面での安さなどから今後も益々の需要が増えていくと思われます。

そして、その時代のニーズに合わせて霊園側も永代供養のお墓やスペースを増やしています。

時代の移り変わりとともに、お墓の在り方にも変化が起こっているのは自然な流れでもあると言えるのです。

春日部周辺で永代供養墓をお探しの際は、浄土真宗善源寺までご相談ください。