越谷市でペット葬儀や納骨の出来る霊園はあるの?    

ペットも家族の一員と考えて、葬儀を考える

飼い犬などの動物はかつては番犬代わりに屋外に飼育するというのが一般的でした。

その後はペットという認識が強くなり、愛玩動物として可愛がる対象へと認識は変化し、最近ではコンパニオンアニマルとの言葉も生まれることに窺えるように、もはや犬や猫は家族の一員としての認識が一般化しつつあります。

ときに、家族とはいつの日か別れを迎えるものです。それは家族同様に愛したペットも同様です。

ペットの亡骸を自己所有の土地の片隅に埋葬するような時代は過去のものになりました。

ペットも家族としてその別れや、その後の墓地への納骨やから供養のあり方に至るまで、人に近いアプローチが求められているのです。

ペットとの別れ方の変遷

犬猫は家族の一員という側面があると同時に癒しや安らぎをもたらしてくれる役割も無視できないポイントです。

言葉は話さないけれども、かけがえのない存在と認識している方が多いのは確かで、ペットロスなどの問題も、たかが犬猫が死んだ程度でと等閑視できない側面があるのです。

特に現代では、実に約80%ものペットが屋内で飼育されているとも言われております。

このような生活のあり方の変化を背景に、ペットが亡くなった場合に対応できる、専門の葬儀社や霊園等も全国的に発展しつつあります。

越谷市のように都市化が進んだ地域では、現実にペットが亡くなった時の対応を、人が亡くなった時と同等に、真剣に考えるべき課題と言えるのではないでしょうか。

犬猫等の供養は自宅?霊園?

首都圏では犬猫等が死亡した場合には、移動火葬車や専用施設での火葬後自宅に持ち帰る方が多いとも言われています。

また移動火葬車も火葬後はそのまま遺骨を返却することを原則に対応していることが多いとも言われています。

この背景には身近に遺骨を置いておきたいとの希望もありますが、他方で適切なペット墓地が見つからず、やむなく家で保管しているという側面もあります。

ペットの動物も家族の一員との認識が広まっていく昨今、専用霊園があれば、それも適正な価格で利用できれば遺骨の納骨場所を自宅以外に確保できれば、というのが、多くの飼い主様の共通の認識と考えられます。

越谷市で動物専用霊園をお探しなら?

越谷市でペット専用霊園をお探しなら、松伏町にある私ども宗教法人善源寺ではペット専用霊園を提供しております。

動物の命も人間の命も尊厳は同じ、共に生かし生かされている尊い命、との基本理念のもと供養の一環として葬儀が行える礼拝場「光輪堂」から、ペットの専用墓地「朋友」までを備え、年一回合同法要も執り行っています。

葬儀では僧侶による読経と焼香を執り行い、大切なペットの冥福を祈ります。

その後移動火葬車で荼毘に付し、ご家族の皆様の手で拾骨を行っていただきます。その後はもちろん遺骨を持ち帰ることもできますが、専用墓地への埋葬もご相談いただけます。

飼っているペットが亡くなったあとのことも考えていくのが、これからの時代では必要な認識ではないでしょうか。