越谷市で必要性の増加しつつある永代供養霊園と言えば?    

今、永代供養霊園への必要性が増しています

少子化や単身世帯の増加で、従来型の個人の家族単位で管理するお墓のあり方が、見直されつつあります。

越谷市等では都市化の進行もお墓を巡る環境の変化に拍車をかけています。

お墓が遠方の霊園にあるため定期的なお墓参りも満足に出来ず、荒れ放題のまま放置されているお墓も増えている、というお話も耳にします。

お墓の承継者が不明になってしまうと、無縁墓に認定される恐れも出てまいります。

そこでこのようなお墓についての祭祀のあり方の変化に対応して、管理や供養を個人ではなく寺院や霊園が行う形のお墓と言う新たな形式のお墓が登場しています。

それが永代供養墓なのです。

お墓についての新たな形、納骨はどうする?

永代供養とは寺院や霊園が個人に代わって、永代または一定期間供養を行う墓のことを言います。

一つのお墓を多数の人が共有して使用するのが一般的です。

一般にはお世継ぎがいないとか、お子様が遠方在住とかのほかに、遠縁の遺骨を預かったなどの場合にも利用されています。

納骨方法は施設により異なりますが、合祀・一時安置・分骨などの方法が取られています。

一般的な方法の合祀は、骨壷から遺骨を出して他の方と一緒に納骨します。

類似した形の墓として、合同墓もありますが、こちらは個人の供養を行わないので注意が必要です。

宗派不問の寺院霊園なら、誰でも安心

それでは永代供養墓を実際に選ぶときにはどこに注意すれば良いのでしょうか。

まず重要なのは寺院選びです。

その寺院の住職は信頼に当たる人か、各種の料金がいくらか、料金の記載は明瞭か、墓の形状や造形が希望に沿うものか、必要な書類が用意されている等で選択することになります。

このお墓のメリットは墓石代がかからないこと、保守費用など追加負担が発生しないことです。

宗派については寺院の宗派に帰依することを条件にしている場合もあるので、事前の詳細な確認が必要です。

また宗派不問の寺院などであれば場所的条件でお墓参りをするのに便利な霊園を選択することも出来ます。

越谷市で永代供養墓を探すなら?

越谷市近辺で永代供養を探すのであれば、松伏町にございます私ども光輪霊園の永代供養墓でしたら、宗派宗旨不問の寺院が入会条件の簡易さの面から適切なものかと思います。

費用の面が気になるところですが、お墓の費用とは何でしょうか。

お墓に関する費用は管理料と永代使用料からなります。

一般のお墓では毎所定の管理費用が必要ですが、こちらのお墓ではその保守費用は不要な場合が多いと言えます。

善源寺の場合は納骨に際し永代使用料を収めたのち、三十三回忌までは骨壷に入れた状態で安置し、それ以後は供養墓に併設した場所に樹木葬にて永代に渡って供養するという方式を採択しております。

その他、不明な点等があればお気軽にお尋ねください。お墓に入られるご本人様にとっても、ご遺族様にとっても、ご納得のいただけるご案内ができればと思います。