12月 16日

八潮市で霊園をお考えなら光輪霊園

善源寺を知る

浄土真宗善源寺は、親鸞聖人の念仏の教えを広めるべく、 昭和51年より埼玉県の越谷市・春日部市・吉川市・草加市・三郷市を有する 東埼玉エリアに属する松伏町にて、開山いたしました。
古きよき浄土真宗のお寺の姿はしっかりと引き継ぎながら、 現代のライフスタイルに合わせた、お付き合いのしやすいお寺であることを基本理念として 寺院運営を行っております。

墓地・霊園のご案内

埼玉県の越谷市、春日部市、吉川市に隣接いたします松伏町にある浄土真宗善源寺境内にあります
光輪霊園は、総数520区画のお墓を有し、本堂・光輪法殿・光輪堂といった葬儀・法要といった祭事全般にご利用いただける法要施設、70台駐車可能な大型の駐車場を完備し、
ご法事からお葬儀・お墓参り・会食が全て同敷地内で執り行えるように設備し、5タイプに分かれた広さの墓地(0.63㎡の墓地・1.08㎡の墓地・1.50㎡の墓地・1.80㎡の墓地 ・2.70㎡の墓地)に加えて永代供養墓『倶会一処』・ペット墓地『朋友』といった施設も完備しております。

善源寺の永代供養

埼玉県の越谷市、春日部市、吉川市に隣接する松伏町の善源寺にございます。
永代供養墓は、納骨堂形式の『倶会一処(くえいっしょ)』・ 既存の墓地に永代供養の権利・墓石のお引き取りを付帯した永代供養付墓地『絆』がございます。
跡取り、お子様がいないご夫婦や単身の方、現在お墓はあるが、継承者のいない方、 事情によりご先祖のお墓に入れない方、故郷にお墓はあるが遠方で帰る事が出来ない方‥‥。
核家族化・少子化に伴い、各家々で墓地・お墓を建立し 代々保持していくことは困難と思われる方が多くなり永代供養の必要性が増しております。

善源寺のペット供養

埼玉県の越谷市、春日部市、吉川市に隣接する松伏町にある浄土真宗善源寺では、 動物の命も人間の命も、命の尊厳は同じであり、共に生かし生かされている尊い命である。
そのような仏教の教えからペット供養として、ペットの葬儀・火葬が執り行える 礼拝場『光輪堂』からペットのお墓であるペット墓地『朋友』、 年1回執り行われているペットの合同法要まで全てを 一貫して執り行う事が出来る様、設備させていただきました。

時代が求めたお墓のかたち、寺院が運営する霊園

忘れないでください。檀家でいることの有難み

八潮霊園

自分の先祖代々のお墓があるお寺を「菩提寺」と呼びます。定期的にお墓参りに行ったり、お盆に法事をお願いしている方なら自分の菩提寺を把握していますが、檀家でありながらも、自身の菩提寺がどこなのかわからない方が増えています。

檀家であるということは、将来、お墓を探す心配がないという権利を手に入れていることに他なりません。

お墓を新しく建てる費用もかなりの出費になりますし、さまざまな制約や事情で望みの墓地を利用できないといった現代の墓地事情の中、あらかじめお墓があるということの有難みを理解し、しっかり備えておくことが望ましいでしょう。

新しく墓地・霊園を買わなければいけない事情

八潮市霊園

特殊な宗教であるとか、家族と縁が切れているなどの事情がなければ、多くの方が菩提寺をお持ちのはずです。

日本人の大多数は、自身、もしくは家族が亡くなった際のお墓が決まっているはずなのですが、新規に墓地・霊園を購入する方は増加傾向にあります。

これは、結婚した夫婦の地元が互いに遠方にあって、お墓参りやお墓の維持が難しくなったり、地方の過疎化によって、都市部に住居を移した方が生まれ故郷に戻らなかったりなどの理由によるものです。

現代の生活スタイルに合った、寺院運営の霊園

八潮霊園

檀家制度は、どちらかというと、子だくさんの大家族が主流だった頃の制度ですので、現代の核家族や未婚者が増加している時代には合わなくなってきています。

そのため、新しくお墓を購入する際に、檀家になる必要のない霊園を選ぶ方が増加しています。

これに伴い、宗教・宗派を限定し、檀家しか利用を許されなかった寺院墓地を、誰でも利用できるように広く開放するという動きも活発になっています。

義務や責任を求めらる檀家に参加せず、歴史と風格のある寺院墓地に骨をうずめられるという機会は稀なものです。

もしお墓をお探しであるとか、将来のお墓が心配でしたら、寺院の霊園というものを検討してみてはいかがでしょうか。