三郷市近郊で永代供養墓をお考えなら宗教法人善源寺    

意外な理由で人口減少が懸念される三郷市の墓地問題

三郷市の人口減少が不安視される理由

三郷永代供養

埼玉県の東南端に位置する三郷市は人口約13万5千人と、県内でも中堅規模の人口を擁しています。

近年、つくばエクスプレスの新駅や、大きなショッピングモールなど商業施設の開発も進んでいますが、人口は数年間横ばいで、人口減少への不安も多いようです。

東京都に隣接しているという地の利がありながら、人が増えないのは交通の不便さに起因しています。

主要駅から都心までの移動は早いのですが、市内の移動手段が限られているため、首都圏であるにも関わらず生活にはマイカーが必須という状況になっており、地図上の距離では東京から遠い草加市や越谷市に人気で負けてしまっています。

少子化時代に台頭する公営・民営の永代供養墓

三郷樹木葬

原因はどうあれ、人口が減少するとお墓の継承者問題が浮かび上がってきます。

お墓というものは、一家に子供が5人も6人も生まれ、「家」として代々受け継いでいくことを想定した仕組みとなっているため、多くても2人しか子供を作らない今の時代には維持が難しいものとなっているからです。

人口減少が進む現代、お墓問題のソリューションとして注目されているのが「永代供養墓」です。

民営、公営の墓地では早くからこの形式が取り入れられ、永代使用料を支払い、一度納骨されれば年間の管理費が必要ない合祀墓は、売り出されればすぐに売り切れるほどの人気となっています。

お墓のことなら、やはりお寺にお任せするのが安心です

三郷永代供養墓

お寺の墓地は、先祖代々継承されていくものでしたが、近年では檀家が増えるという見込みがないということから、永代供養墓をつくるところが多くなってきています。

墓地によって対応はさまざまですが、民営や公営の墓地では「供養」という面が弱く、ご遺族に満足いただけない場合もあるようです。

宗教法人善源寺の永代供養墓は、お寺が管理する墓地ですので、ご遺骨と故人の魂をお護りするという点では、一般墓の方々と遜色ございません。

33回忌まで合祀せずに個別の骨壺を保管いたしますので、ご遺族がお参りにいらした際にも、故人がそこにいるのかどうか曖昧な石碑にお参りするような思いを抱かずに、個別に思いを伝えることができるようになっております。