増加しつつある遺骨の引き取り拒否 2018年度に全国の政令指定都市で引き取り手がなく自治体が管理することになった遺骨の数は8000を超えます。現在の日本では家族というつながりや地域というつながりが弱くなってきています。従来この血縁や地縁とい... 続きを見る

地縁をもとに作られた社会システム 江戸時代から続く檀家制度というのは地縁をもとにして葬儀を行っていました。家ごとに特定の寺院が決まっており、そのお墓で先祖代々供養をしてもらうというシステムだったのです。このシステムの背景には産業が土地に基づ... 続きを見る

負担を後の世代に引き継がせる社会システム 最近起こった新しい供養の方法として永代供養があります。なぜ永代供養が新しい方法として行われるようになったのでしょうか。その背景には供養に対する考え方の変化があります。人口が増加を続けていたころにはさ... 続きを見る

21世紀に入って高まった葬儀と供養への関心 近年では葬儀や供養の方法が多様化しています。2010年ごろに大手流通業者が葬儀業界に参入したことや葬儀に関するさまざまな内訳を書いた本が多く出版されたことがあります。そのころから葬儀に関する関心が... 続きを見る

できるだけお金を使わず、何も残さない0(ゼロ)葬 近葬儀や供養に関して注目を浴びていることとして0葬があります。これはお通夜や葬儀を行わず火葬のみを行い、その遺骨も引き取らずに自治体の運営する火葬場に処分を任せる方法です。この方法は全国どこ... 続きを見る

永代供養の問題点 永代供養という言葉を正確に説明できる人はあまりいないでしょう。というのは、永代供養には決まった形はなく、決まっていることは遺骨の管理を霊園側が行うということだけです。永代供養を行う場合最も大きく分かれるのは最初から合祀をす... 続きを見る

寺院墓地の利用から霊園の利用へ 従来のお墓の管理方法というのは、菩提寺と檀家の契約を寺院とその家で結び、お布施などの形でお墓の使用料や維持管理費などを支払っていました。しかし、人口の流動が激しくなってくると特に都市部ではそうした地域の特定の... 続きを見る

日本でほぼ100パーセントを占める火葬お墓の中に増えていってしまう遺骨 現在の日本では人が亡くなったときに99.9パーセント以上の割合で火葬を行っています。火葬をしたあと、遺体は遺骨になります。その遺骨はたいていの場合、骨壺に入れてお墓に収... 続きを見る

お墓の中に増えていってしまう遺骨 日本で今まで行われてきた供養の方法というのはお墓に遺骨を収蔵するというものでした。こうした方法の場合遺骨はその後どうなるのでしょうか。一般的には遺骨が自然に還るまで保有し続けると考えている人が多くいるでしょ... 続きを見る

一般的な葬儀の方法 永代使用権の購入 永代供養は1990年代に行われるようになったお墓の利用方法です。わたしたちが通常お墓を利用するときには、個人や家族で入るお墓を作ります。それらのお墓は建立するためにも費用がかかります。まず、遺骨を収蔵す... 続きを見る

TOPへ