葬儀に関する用語が一般的になった理由は 現在ではお墓に対する選択肢は非常に多くなっています。「改葬」「墓じまい」「永代供養」など以前はあまり耳にしなかった言葉をよく耳にするようになってきているのも事実でしょう。ではどうしてこのような言葉が一... 続きを見る

そもそも葬儀や供養と宗教に関係があるのは お墓についての変化の原因として日本人の死生観や宗教観の変化があります。人の死と宗教というものは古くから切っても切れない関係にありました。古くは宗教というものはひとつの科学でした。身の回りにある事象の... 続きを見る

なぜ今お墓の問題が生じているのか 現在よく報道されているお墓の問題というのはほとんどが人口の減少に起因するものです。従来の日本の社会システムである「家」制度というのは、ひとつの家族を家というものとして考え、家という建物そのものやお墓など、そ... 続きを見る

通常の形式の供養を行うのに掛かる費用は お墓を建てるためには永代使用権を購入することになります。永代使用権を購入した際には、その権利の購入のために永代使用料がかかることになります。その他に一年もしくは数年ごとに管理費が発生します。最終的な料... 続きを見る

お墓についてきちんと話し合っておくことの重要性 永代供養を実際に行う前にしてほしいことがあります。それは親戚などの関係者への確認です。そもそもお墓というのは誰が利用するものなのでしょうか。お墓そのものに納められるのは当然、亡くなった方でしょ... 続きを見る

少子高齢化と価値観の変化、変わりゆく社会のシステム 日本の少子高齢化はどれくらい進んでいるのでしょうか。ある調査によれば2025年には4人に1人が65歳以上になると言われています。従来の家や企業などに所属するという考え方は現在ではどんどんと... 続きを見る

「永代供養」とはなにか 1990年代から行われるようになった新しい形式の供養として「永代供養」というものがあります。永代供養とは一般的な供養の形のように個人や家族でお墓を所有して遺骨を供養している方法ではありません。さまざまな方式があります... 続きを見る

遺骨に関するルールはどのようになっているのか 遺骨の管理というのは実は変わったシステムです。法律で定められているところによると、遺骨を埋蔵もしくは収蔵する場合には、都道府県長の許可を得た、墓地もしくは霊園のみにしか行うことができません。どこ... 続きを見る

文字よりも古い、埋葬の歴史 人間は古くからお墓を作り同胞を弔ってきました。その記録は人類が文字を使い始めるよりも古いと言われています。お墓や葬儀という物は人間の根源的な感情からくるものであり、論理的にこうだからこうしなければならないという理... 続きを見る

生前にきちんと話し合っておきたいお墓のこと 最近では生前見積りなどで葬儀の形式や祭壇の種類などを決めている方も多くいらっしゃいます。しかし、お墓に関しては詳細に決めていなかったというケースもしばしばあるようです。ここではお墓の意味とその利用... 続きを見る

TOPへ