グリーフケアとは何なのか グリーフケアという言葉があります。griefというのは何かを失うことによって受ける深い悲しみのことです。人間は環境の変化によって大きなストレスを受けます。その中でも大きなものとして死別があります。死によってその人間... 続きを見る

どこの霊園にするか、霊園のどこにするか お墓の建立を行う際に、自宅からの距離が近い場所や親戚が集まりやすい場所などを選択することもあります。また、故人が海が好きだったため、海が見える場所にある墓地に葬ってあげたいなどの希望もあるでしょう。そ... 続きを見る

さまざまな方の遺骨を合わせて供養する 合祀という供養の方法があります。合祀というのはその名称の通り合わせて祀る方法です。合わせるものはさまざまな方の遺骨です。通常のお墓を使っての供養は個人や家族などを対象にして、骨壺で遺骨を個別に収納したう... 続きを見る

遠くにある場合は通うのが困難 お墓を購入する際にはその立地も大切です。現在お墓の管理をしている方ならわかると思いますが、お墓は年に数度の清掃が必要になります。お墓そのものの清掃や区画内の雑草の処理など、定期的に人の手を入れなければお墓は荒れ... 続きを見る

増加しつつある永代供養 近年供養に関して考える際に、永代供養という選択肢を必ず目にすることがあります。永代供養というのは乱暴な言い方をするのであれば、遺骨の最終処分を霊園に委託するという方法です。従来の供養の方法の場合遺骨は骨壺に入れて墓所... 続きを見る

墓地と霊園の違いは何か お墓が集まっているところを墓地もしくは霊園と呼びます。墓地や霊園はその呼称を分けずに使っていることも多くありますが、一般的な区分の仕方としては、檀家制度に基づいて菩提寺に遺骨を納める場合は墓地、宗教などに関係なく一般... 続きを見る

お葬式に多くなってきた直葬・火葬式という現状 近年供養に関して考える際に、永代供養という選択肢を必ず目にすることがあります。永代供養というのは乱暴な言い方をするのであれば、遺骨の最終処分を霊園に委託するという方法です。従来の供養の方法の場合... 続きを見る

供養を行う前に行う葬儀の式場 葬儀を行ううえで大切な要素というのは、式場と祭壇です。式場と祭壇は葬儀を行うときの費用の大きな部分を占めます。葬儀に参列する人が多ければ大きな式場を使わなければなりません。また、その式場に見合った規模の祭壇でな... 続きを見る

〇〇葬という名称のもとは 葬儀に関するさまざまなものを見ていると○○葬という形で表現されたものが多くあります。こうした名称というのは自然発生的に起こっているものであり、葬儀の形式の呼称に関してはこれといった定義づけられた形はありません。葬儀... 続きを見る

TOPへ