遺族に負担させてしまうこともある葬儀とお墓の費用 冠婚葬祭は費用のかかるものであり、その費用というのは決して安いものではありません。お墓をひとつ作り、遺骨を収蔵するにはおおよそ200万円の費用がかかります。また葬式を行う場合その費用にも現在... 続きを見る

永代供養が広がりつつある理由 永代供養が多く広がっているのは、お墓の管理をする後継者がいないことが多くなってきているからです。子どもがいないという状況であったり、いたとしても近くに住んでいなかったり、お墓を作ることによって子孫に管理を押し付... 続きを見る

そもそも永代供養とは 永代供養とは、霊園管理者にその管理を委託し遺骨の最終処分まで行ってもらう形式の供養方法です。永代供養を行う場合にはどのようなお墓を利用するのかによってその永代供養料が大きく異なります。スペースをより大きく取るものであれ... 続きを見る

骨壺に収蔵する方法、地中に埋葬する方法 供養の形式には大きく分けて二種類あります。骨壺に納めて収蔵する形式と地中に散骨する形式です。骨壺に納めて供養する形式には、一般墓を利用する形式や納骨堂など室内の施設を利用して遺骨を安置していく形式があ... 続きを見る

永代供養という言葉の意味を知る 永代供養とは、墓地を運営している寺院や霊園を管理している法人や自治体などが、遺骨の供養の管理を請け負うことです。もともと供養とは遺族が行うものであり、お墓の掃除や弔い上げになった段階での遺骨の処分などひとつの... 続きを見る

新しくお墓を作るために お墓を作ることは多くの場合人生で一度きりのことです。そのためお墓に対する十分な知識がない状態でお墓を作ってしまうことが多くあります。特にどなたかが亡くなって必要に迫られてお墓を建てなければならないという状況ではその傾... 続きを見る

光輪霊園の起こり 光輪霊園は寺院墓地として埼玉県松伏町にて設けられました。もともと宗教法人善源寺の寺院墓地として利用されていました。しかし、檀家様ではない方も利用したいという希望から、民営霊園として檀家ではない方にも利用できるよう霊園として... 続きを見る

遺族にかかる負担の増加 厚生労働省の調べによると2018年の年間出生数は約92万人、死亡者数は136万人です。日本は少子高齢化が進んでいきこれから人口が減少していくと予想されています。こうした人口の低下は遺されたものに対しての負担を大きくし... 続きを見る

頭を悩ますお墓のこと 家族の一員が亡くなり、葬儀を終えて、収骨した段階で、その遺骨をどこに収蔵するのかということで頭を悩ますことも多いかもしれません。懇意にしている寺院がある場合、そちらの寺院に相談するということもできるでしょう。しかし、多... 続きを見る

ペット葬儀業者になるには ある調査によると、2010年の段階で全国のペット葬儀業者の数は1000を超えていると言われています。このペット葬儀の業者の数の実数は正確に観測することは非常に難しいのです。なぜならペットの葬儀社というのは、ペットを... 続きを見る

TOPへ