2021年6月22日

よくわかる永代供養

そもそもなぜお墓が必要なのか 通念的にお墓は作らなければならないものとされています。では広い土地を所有しているならそこに遺体を放置してもいいのでしょうか?おそらくほとんどの人が「いいえ」と答えるのではないでしょうか。現在の日本の埋葬方法は9... 続きを見る

供養という言葉の原義と今使われている意味 もともと供養とは、亡くなった方に行う全ての行いのことを指していました。また更にさかのぼると、亡くなった人だけでなく仏などの仏教の神々に対して供物や祈りをささげることも供養と呼んでいました。これらの言... 続きを見る

人が亡くなったときにどうするべきか 一般的にわたしたちは家族などが亡くなるとお墓を作ったり、法要を行ったりなどの供養を行います。供養にはさまざまな方法があります。そのため、実際供養を執り行うにあたってどのようにすればよいのかということを悩む... 続きを見る

増加する墓じまいや改葬 少子高齢化が進み、1970年代に急速に増加した家族のお墓の需要が急速に減少してきました。現在ではお墓を取り壊すということも多くなってきているようです。その中には無縁墓としてお墓の管理をする人がいなくなり、霊園や墓地の... 続きを見る

様々な形の供養 供養とは亡くなった人や動物などに対して何かを行うことです。供養にはさまざまな形があります。お墓を作る、お経を唱える、花を供える、お香を焚く、食べ物を供える、また単に手を合わせるのもひとつの供養の形でしょう。また、慰霊碑を建て... 続きを見る

通常は仮の白木の位牌と本位牌がある 誰かが亡くなると日本では一般的に火葬を行います。火葬を行ったあとには四十九日の法要を経て、遺骨をお墓に移すのが一般的です。しかし現在では家族墓や個人墓を作らずにロッカー型の納骨堂に遺骨を収蔵したり、永代供... 続きを見る

永代供養について誤解してはいけないこと お墓について考えたことがある方の場合、永代供養という言葉を聞いたことがあるはずです。「永代供養とは遺骨の管理を子孫や親戚に代わって霊園や寺院が行うもの」と、どこを見ても書いてあります。しかし、この言葉... 続きを見る

一般的なお墓を作るのに必要な費用は 永代供養は2000年頃から広がってきた遺骨の供養方法です。もともと、子どもや親戚に変わって遺骨を寺院が管理する方法として考えられたものですが、その内容は現在に至っても消費者にきちんと広がっていないように思... 続きを見る

必要から生まれた永代供養という形 お墓のことを調べていると必ず永代供養という言葉を目にすることでしょう。永代供養というものはのちのち管理する人がいなくてもお墓を持つことができるシステムです。 通常の場合のように子どもや親戚が自身の死後にもき... 続きを見る

増加しつつある供養難民 ある一定の年齢を過ぎると、供養のことについて考えることがあります。それはご自身の遺骨を収蔵する墓所であったり、またご両親の遺骨を収蔵する場所であったりもします。しかし、一方で供養難民という言葉も聞かれるようになってき... 続きを見る

TOPへ