増加しつつある供養難民 ある一定の年齢を過ぎると、供養のことについて考えることがあります。それはご自身の遺骨を収蔵する墓所であったり、またご両親の遺骨を収蔵する場所であったりもします。しかし、一方で供養難民という言葉も聞かれるようになってき... 続きを見る

現在の墓石の多くは戦後に作られたもの 現在わたしたちが一般的に目にするようなお墓というのはいつから作られたのでしょうか。実は現在のような立方体のお墓が作られ始めたのは比較的最近のことです。あまり墓地や霊園に足を運ぶことはないかもしれませんが... 続きを見る

永代供養、永代使用権を利用しての供養 お墓探しをしていると良く目にする永代供養という言葉、一般的な供養の方法とはどう違うのでしょうか。 通常のお墓を利用する場合には、わたしたちは永代使用料というものを支払います。永代使用料というものは霊園や... 続きを見る

これから増加していく空き家問題、お墓問題 お墓についての問題というのはここ10年ほどで急激に取り上げられるようになった問題です。問題自体は更にそれよりも前の1990年代頃には発生していました。1990年代、日本の人口が減少傾向に入りました。... 続きを見る

世界的にはいろいろなお墓がある 古くからわたしたちはお葬式を行いお墓というものを作ってきました。世界的に見ても、ほとんどの地域でお葬式や埋葬というものが行われています。このふたつは世界的に見てもさまざまなものがあります。多くの先進国では、お... 続きを見る

現行のシステムが作られたのは半世紀以上も前 現在のお墓のシステムというのは昭和23年、1948年に作られた墓地、埋葬などに関する法律をもとに作られています。そのため、現在のお墓などのルールや風習というのは「一般的に考えられているよりも新しい... 続きを見る

遺骨や仏具、お墓は祭祀財産 人が亡くなったときには、その遺体を荼毘に付し、遺骨にして供養します。遺骨は通常の相続財産とは異なるルールで扱われます。仏壇仏具、お墓、そして遺骨は祭祀財産というものにカテゴリー分けされます。祭祀財産は相続税の対象... 続きを見る

現在の一般的な供養の形や費用は 永代供養を利用する事情はさまざまです。現在一般的とされている供養の方法は火葬を執り行ったあとで遺骨を家族墓や個人墓に供養するというものです。一般的にはこうした方法で新しくお墓を設けて管理していくためには墓石代... 続きを見る

最終的に合祀をする永代供養 永代供養は多くの場合、最終的に合祀供養を行います。合祀供養というのは他の遺骨とともに埋葬されることです。ここで言う合祀供養というのは、地縁・血縁に関わらず、ひとつのお墓で供養するということです。個人個人の骨壺から... 続きを見る

実は普段使っているけどよくわかっていない言葉は多い 最近よく耳にする永代供養という言葉、そのサービスの内容が良く分からないという方もいらっしゃるかもしれません。永代供養というサービスを分かりにくくしているのは、その定義に関してきちんと説明さ... 続きを見る

TOPへ