「永代供養」とはなにか 1990年代から行われるようになった新しい形式の供養として「永代供養」というものがあります。永代供養とは一般的な供養の形のように個人や家族でお墓を所有して遺骨を供養している方法ではありません。さまざまな方式があります... 続きを見る

遺骨に関するルールはどのようになっているのか 遺骨の管理というのは実は変わったシステムです。法律で定められているところによると、遺骨を埋蔵もしくは収蔵する場合には、都道府県長の許可を得た、墓地もしくは霊園のみにしか行うことができません。どこ... 続きを見る

文字よりも古い、埋葬の歴史 人間は古くからお墓を作り同胞を弔ってきました。その記録は人類が文字を使い始めるよりも古いと言われています。お墓や葬儀という物は人間の根源的な感情からくるものであり、論理的にこうだからこうしなければならないという理... 続きを見る

生前にきちんと話し合っておきたいお墓のこと 最近では生前見積りなどで葬儀の形式や祭壇の種類などを決めている方も多くいらっしゃいます。しかし、お墓に関しては詳細に決めていなかったというケースもしばしばあるようです。ここではお墓の意味とその利用... 続きを見る

1980年代から始められた永代供養 永代供養というのは、寺院や霊園が遺族に代わってお墓の管理や供養を行うというものです。近年における日本で最初の永代供養墓というのは比叡山延暦寺で1985年に行われたものだと言われています。後継ぎがおらず、お... 続きを見る

永代供養は通常の供養の形を代行してくれるわけではない 現在、多くの寺院・霊園は永代供養を取り入れています。しかし、永代供養に関してはまだあまり一般の消費者の方には理解されていない点も多く、行ったのちにトラブルになることも少なくありません。こ... 続きを見る

永代供養の平均価格に対する調査結果の違い 永代供養の平均価格はある調査では80万円ほどと言われています。また別の調査では40万円だとも言われています。なぜ同じものを調査しているのに2倍というこのような大きな差が発生するのでしょうか。その理由... 続きを見る

今までの供養の方法では何が問題なのか 永代供養というお墓が作られるようになって四半世紀が経過しています。20世紀中にはそこまでお墓に関して問題が発生していませんでした。お墓や葬儀というものに関して注目が集まるようになったのが2010年ごろの... 続きを見る

現在行われている一般的な供養の方法は 供養に関して調べていると永代供養という言葉に出会うことがあるでしょう。永代という言葉を聞くと、永久という意味だと勘違いしがちです。現在の一般的な供養の形というのは個人か家族のお墓を作りそこに遺骨を収蔵す... 続きを見る

古くから人の死には印が置かれた 死者を弔うときに、私たち人類は古くからそこがお墓であることがわかるように印を置きます。それは古くは、古墳時代の有力者の古墳にも見られます。また、仏教における寺院というものはもともと塔を中心に作られており、その... 続きを見る

TOPへ