墓地と霊園の違いは何か お墓が集まっているところを墓地もしくは霊園と呼びます。墓地や霊園はその呼称を分けずに使っていることも多くありますが、一般的な区分の仕方としては、檀家制度に基づいて菩提寺に遺骨を納める場合は墓地、宗教などに関係なく一般... 続きを見る

お葬式に多くなってきた直葬・火葬式という現状 近年供養に関して考える際に、永代供養という選択肢を必ず目にすることがあります。永代供養というのは乱暴な言い方をするのであれば、遺骨の最終処分を霊園に委託するという方法です。従来の供養の方法の場合... 続きを見る

供養を行う前に行う葬儀の式場 葬儀を行ううえで大切な要素というのは、式場と祭壇です。式場と祭壇は葬儀を行うときの費用の大きな部分を占めます。葬儀に参列する人が多ければ大きな式場を使わなければなりません。また、その式場に見合った規模の祭壇でな... 続きを見る

〇〇葬という名称のもとは 葬儀に関するさまざまなものを見ていると○○葬という形で表現されたものが多くあります。こうした名称というのは自然発生的に起こっているものであり、葬儀の形式の呼称に関してはこれといった定義づけられた形はありません。葬儀... 続きを見る

親の供養をしっかりと行いたいと考える人は約7割 供養に関する調査を見てみると7割近くの人が親の葬儀や供養をしっかり行ってあげたいと考えているそうです。しかし、自身の葬儀を子孫に行ってほしいかどうかということについては、4割ほしかきちんと葬儀... 続きを見る

存在意義という人が生きるために必要な要素 人間が生きるひとつの理由として存在意義というものがあります。人間には他の動物と違い知性があります。ただ無為に人生を生きることは人間には難しいことです。生存の欲求である、生理的欲求と安全欲求がある程度... 続きを見る

永代供養が発生した背景にある悩み 永代供養とは、遺骨の管理や先祖供養を霊園管理者や寺社に委託する方法です。永代供養を行った遺骨に関して、子孫が遺骨そしてお墓を継承する必要がなくなるということです。永代供養は1990年代ごろから行われるように... 続きを見る

お墓を引き継ぐ人がいなくなったのはなぜか 供養のひとつの形として最近永代供養という形が取り上げられています。永代供養は寺院や霊園管理者によって供養を行う方法です。昨今、核家族化や単身世帯の増加により、お墓に関する問題が取り上げられているのが... 続きを見る

人間の寿命に関する「バナナ型神話」 多くの神話に登場するバナナ型神話と言われる形式の神話にはバナナと石のどちらかを人間の祖先が選択するというシーンが出てきます。バナナもしくはその他の寿命のある植物を選択した人間は寿命を持ってしまうという、人... 続きを見る

自身の供養に関する希望と両親の供養に関する希望の乖離 現在では終活で自身の最期について、そして死後の供養についての希望を遺す人が非常に多くなってきました。多様化する葬儀や供養の形について多くの人が画一的な葬儀や供養の形を望むのではなく、自身... 続きを見る

TOPへ