親の供養をしっかりと行いたいと考える人は約7割 供養に関する調査を見てみると7割近くの人が親の葬儀や供養をしっかり行ってあげたいと考えているそうです。しかし、自身の葬儀を子孫に行ってほしいかどうかということについては、4割ほしかきちんと葬儀... 続きを見る

存在意義という人が生きるために必要な要素 人間が生きるひとつの理由として存在意義というものがあります。人間には他の動物と違い知性があります。ただ無為に人生を生きることは人間には難しいことです。生存の欲求である、生理的欲求と安全欲求がある程度... 続きを見る

永代供養が発生した背景にある悩み 永代供養とは、遺骨の管理や先祖供養を霊園管理者や寺社に委託する方法です。永代供養を行った遺骨に関して、子孫が遺骨そしてお墓を継承する必要がなくなるということです。永代供養は1990年代ごろから行われるように... 続きを見る

お墓を引き継ぐ人がいなくなったのはなぜか 供養のひとつの形として最近永代供養という形が取り上げられています。永代供養は寺院や霊園管理者によって供養を行う方法です。昨今、核家族化や単身世帯の増加により、お墓に関する問題が取り上げられているのが... 続きを見る

人間の寿命に関する「バナナ型神話」 多くの神話に登場するバナナ型神話と言われる形式の神話にはバナナと石のどちらかを人間の祖先が選択するというシーンが出てきます。バナナもしくはその他の寿命のある植物を選択した人間は寿命を持ってしまうという、人... 続きを見る

自身の供養に関する希望と両親の供養に関する希望の乖離 現在では終活で自身の最期について、そして死後の供養についての希望を遺す人が非常に多くなってきました。多様化する葬儀や供養の形について多くの人が画一的な葬儀や供養の形を望むのではなく、自身... 続きを見る

広がりつつある終活ビジネス 現在多くの方が自分の遺骨の行方に関心を持っています。以前では後継者など遺族の方に全てを委任していた葬儀と供養の問題ですが、現在では本人が葬儀や供養の方法に関しての希望を言うことも多くなってきました、また自身のこと... 続きを見る

永代供養は最終的に合祀する供養 永代供養墓というのはお墓の管理を霊園管理者や寺社の管理者が行うという方式のお墓です。大きな利点として後継者がお墓の管理や清掃などを行う必要がないため、後継者に負担をかけたくない場合やそもそも後継者がいない場合... 続きを見る

総合的、葬儀、供養の設備がそろう光輪霊園 光輪霊園は埼玉県東部地域にある松伏町にある霊園です。松伏町は越谷市、春日部市、吉川市、野田市に隣接しているため、それらの地域の多くの方から利用していただいております。光輪霊園は宗教法人善源寺が運営す... 続きを見る

永代供養とは何か 従来の供養の方法は 1990年代から行われるようになった供養の方法として永代供養というものがあります。従来の供養の形というのは遺骨の納め方に関わらず、遺骨を納める場所の使用権を購入してそこに遺骨を納めるというものでした。納... 続きを見る

TOPへ