草加市でペット葬儀をお考えなら善源寺まで    

飼いやすいけれどすぐに寿命がきてしまう、ハムスターとの付き合い方

学園都市としての側面も持つ草加市

草加ペット墓地

草加市学園町には外国語教育、なかでもドイツ語教育で他の大学の追随を許さない私立大学「獨協大学」のキャンパスがあります。

また、草加市は交通の便が良く、東京都や埼玉県内の他の市区、さらには千葉県や神奈川県の通学県内にもあり、東京都内よりも家賃の相場が低いことから、地方出身者のひとり暮らしにも適した環境にあります。

ひとり暮らしでペットを飼いたいと思う方は大勢いらっしゃいますが、特別な許可があるアパートやマンションでなければ犬や猫を飼うことはできません。

無許可でこっそり飼っても、鳴き声や臭いですぐにバレてしまい、トラブルになりかねません。

ペット禁止のアパートでも飼えるペットとは

草加ペット葬儀

賃貸物件では基本的にペットの飼育は禁じられていますが、ハムスターなどの小動物ならOKとされていることが多いようです。

ハムスターは夜行性なので、仕事や学校で昼間に家を空けても問題ありませんし、ケージに場所をとらず、1日1回の餌やりで十分なため、飼育の負担がほとんどかかりません。

鳴き声もあげず、トイレをこまめに掃除してあげれば臭いも出さないので、ペットとして根強い人気があります。

しかし、ハムスター飼育にも難点があります。

もともと弱い生命力を高い繁殖力で補っているネズミの一種ですので、どんなにがんばってお世話をしても2年半程度で寿命が訪れてしまうのです。

短い時間だからこそ、亡くなった際には一緒に過ごした楽しい時間に感謝して丁寧に弔ってあげたいものです。

ペット専用墓地『朋友』はハムスターの供養も行います

草加ペット火葬

松伏町の宗教法人善源寺では、境内にペット専用墓地『朋友』が建立されております。

もちろん、ハムスターなどの小動物、小鳥、爬虫類でも分け隔てることなくご利用いただけます。

墓地の隣には専用の墓誌プレート棚を設けております。

最愛のペットとの思い出をプレートに残し、お墓の近くに保管することによって思い出を色あせないものとします。

プレートには遺影を彫りこんだもの、メッセージだけを彫刻したものの2種類がございます。

また、年に1度、『朋友』に納骨した皆様で合同法要を執り行いますので、ペットとの思い出をいつまでも忘れないことと、思いを共通にする皆様の交流の場となれば幸いです。