吉川市でペット葬儀をお考えなら宗教法人善源寺まで    

猫は長生きだからこそ、きちんと供養したいと思う飼い主が増えています

飼い猫とは長い時間を共に過ごすことになります

吉川ペット墓地

人口が急増する埼玉県吉川市では、ペット可住宅の要望も増えています。

住宅で飼うペットの代表といえば猫を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

野良猫の平均寿命は4年程度ですが、家で飼われる猫は、病気にかからなければ10年から16年生きます。

オスよりもメスのほうが長生きする傾向があり、中には20年以上も生きる長寿の猫もいます。

犬の平均寿命は約13年ですので、猫を飼うということは、どんなペットよりも長い期間を一緒に過ごすことになると言えるでしょう。

長年のパートナーだった飼い猫が亡くなった際には、感謝の気持ちを込めてお見送りしたいものです。

なぜペットのお葬式やお墓が必要なのでしょうか

吉川ペット葬儀

法律や条例では、猫が亡くなった場合、火葬にしたり、お葬式をあげる決まりはありません。

しかし、長い期間を一緒に過ごした大切なペットを弔いたいという思いを抱く飼い主が増えたことにより、ペットのお葬式を行なったり、お墓を建てることが一般的になっています。

ペットのお葬式には、大事なパートナーを供養すると同時に、お見送りする家族の心の整理をする役割もあります。

ご葬儀の準備をおこない、お葬式、火葬、お墓に納骨するという一連の儀式の中で、ご自分の心と向き合い、ペットのおかげで楽しい時間を過ごすことができたという感謝の気持ちで旅立ちを見送ることができれば、ペットたちも嬉しいのではないかと考えます。

善源寺ではペットのお葬式、火葬、お墓まで一貫して執り行えます

吉川ペット火葬

吉川市のすぐ隣、緑豊かな静かな環境に囲まれた浄土真宗善源寺では、ペットの葬儀・火葬が執り行える礼拝場『光輪堂』がございます。

また、敷地内にはペット専用の墓地『朋友』をご用意させていただいておりますので、お葬式から埋葬までを一貫してお寺の中で行うことができます。

動物の命も、人間の命も、命の尊厳は同じであり、共に生かし生かされている尊い命であるという仏教の教えの通り、人間のお葬式と変わることのないお見送りの儀式をもって、ペットとの最期のお別れの時間を過ごすお手伝いをさせていただきます。