平成30年掲示法語|越谷・春日部の永代供養なら善源寺

平成30年(2018年)掲示法語

1月の掲示法語

歳旦の 目出度き ものは 念仏かな (句仏上人)

法話
平成30年 西暦2018年
南伝 仏歴 二五六一年

句仏上人(明治8年から昭和18年)は、東本願寺二十三世法主であり、また俳人、画家としても有名なお方、生涯に二万の俳句をされました。

私たちお互いに正月を迎えて、仏前にお参りできるのは大きな喜び、お念仏の他ないとお勧めです。

またこの一年、ご法縁を深めさせていただきましょう。

2月の掲示法語

老いて学べば 死して朽ちず (佐藤一斉)

法話
佐藤一斉(1772~1859)は江戸時代の儒学者です。その語録「言志晩録」に

「少にして学べば壮にして為すあり。壮にして学べば老いて衰えず。老いて学べば死して朽ちず。」と出ています。

「朽ちる」とは「むなしく人生を終える」という意味でしょう。「老いて呆けてくると、欲やら腹立ち、愚痴など、煩悩だけが目につくようになる」といいます。そのまま死ねば、朽ちていく。空しく一生を終わることになります。

老いて「学ぶ」とはむずかしい学問をするということではなく、「学仏大慈悲心(がくぶつだいじひしん)」(仏さまの大悲のお心を学ぶ)のこと。お念仏のいおわれをよくいただけば、仏は成る身となる。人生の最終目標が達成されるのです。朽ちないのです。

3月の掲示法語

してあげた 「のに」つけるから 苦しむの (野地タカ子)

法話
ある高徳な和尚さんが店の前を通ったとき草鞋の紐が切れた。店の女将さんが飛んで出て直してあげる。「あぁ今日はよいことができた」と一日中彼女は心が明るい。

翌朝、彼女が店の前を掃いていると和尚がやって来られる。「やぁ、昨日はどうも」と一言お礼と期待していたが、和尚は見向きもしないで通り過ぎた。

「何よあれ!私が直してあげたのに!」もう女将は面白くない。近所に悪口をつげてまわる。

その噂を聞いた和尚「布施の心を知らぬ者のしたことは不施じゃ。捨ておけ」と言われたといいます。

仏教では、親切(布施)をする時は三つのこと、施者(だれが)・受者(だれに)・施物(なにを)に執着しない(空ずる)こと。「三輪空(さんりんくう)」が大切と説きます。

しかし、実は「のに」と執らわれたいのが我が根性ではないでしょうか。

4月の掲示法語

天命に安んじて 人事を尽くす (清澤満之)

法話
おや、「人事を尽くして、天命を待つ。ではないの?えぇ、そうです。やるだけのことはやった、後の結果がどうなるかは、天にまかせる他ない」というのが普通です。

しかしそこには、全力投球したんだという自負の心、自己満足の心、そして何とか良い結果が出るはずだという期待がある。だが、天の判断がどうなるかの不安もあり、もし結果がダメだったらどんな思いになるのか。強そうで何か暗い一面があります。

それに対して、最初から天命に安んじる、仏のはからいに任せる、その上でみ教えのままに出来るだけのことをする…という生き方には、明るさがあります。如来の仰せに帰命して、任せ切っていく明るさです。

真宗出雲路派 八王子山 了慶寺・掲示法話より