平成30年掲示法語|越谷・春日部の永代供養なら善源寺

平成30年(2018年)掲示法語

1月の掲示法語

歳旦の 目出度き ものは 念仏かな (句仏上人)

法話
平成30年 西暦2018年
南伝 仏歴 二五六一年

句仏上人(明治8年から昭和18年)は、東本願寺二十三世法主であり、また俳人、画家としても有名なお方、生涯に二万の俳句をされました。

私たちお互いに正月を迎えて、仏前にお参りできるのは大きな喜び、お念仏の他ないとお勧めです。

またこの一年、ご法縁を深めさせていただきましょう。

2月の掲示法語

老いて学べば 死して朽ちず (佐藤一斉)

法話
佐藤一斉(1772~1859)は江戸時代の儒学者です。その語録「言志晩録」に

「少にして学べば壮にして為すあり。壮にして学べば老いて衰えず。老いて学べば死して朽ちず。」と出ています。

「朽ちる」とは「むなしく人生を終える」という意味でしょう。「老いて呆けてくると、欲やら腹立ち、愚痴など、煩悩だけが目につくようになる」といいます。そのまま死ねば、朽ちていく。空しく一生を終わることになります。

老いて「学ぶ」とはむずかしい学問をするということではなく、「学仏大慈悲心(がくぶつだいじひしん)」(仏さまの大悲のお心を学ぶ)のこと。お念仏のいおわれをよくいただけば、仏は成る身となる。人生の最終目標が達成されるのです。朽ちないのです。

3月の掲示法語

してあげた 「のに」つけるから 苦しむの (野地タカ子)

法話
ある高徳な和尚さんが店の前を通ったとき草鞋の紐が切れた。店の女将さんが飛んで出て直してあげる。「あぁ今日はよいことができた」と一日中彼女は心が明るい。

翌朝、彼女が店の前を掃いていると和尚がやって来られる。「やぁ、昨日はどうも」と一言お礼と期待していたが、和尚は見向きもしないで通り過ぎた。

「何よあれ!私が直してあげたのに!」もう女将は面白くない。近所に悪口をつげてまわる。

その噂を聞いた和尚「布施の心を知らぬ者のしたことは不施じゃ。捨ておけ」と言われたといいます。

仏教では、親切(布施)をする時は三つのこと、施者(だれが)・受者(だれに)・施物(なにを)に執着しない(空ずる)こと。「三輪空(さんりんくう)」が大切と説きます。

しかし、実は「のに」と執らわれたいのが我が根性ではないでしょうか。

4月の掲示法語

天命に安んじて 人事を尽くす (清澤満之)

法話
おや、「人事を尽くして、天命を待つ。ではないの?えぇ、そうです。やるだけのことはやった、後の結果がどうなるかは、天にまかせる他ない」というのが普通です。

しかしそこには、全力投球したんだという自負の心、自己満足の心、そして何とか良い結果が出るはずだという期待がある。だが、天の判断がどうなるかの不安もあり、もし結果がダメだったらどんな思いになるのか。強そうで何か暗い一面があります。

それに対して、最初から天命に安んじる、仏のはからいに任せる、その上でみ教えのままに出来るだけのことをする…という生き方には、明るさがあります。如来の仰せに帰命して、任せ切っていく明るさです。

5月の掲示法語

哺乳類一生の脈拍数は20億回 (本川達雄)

法話
東工大の本川教授の著書「ゾウの時間 ネズミの時間」に面白い話が出ています。

哺乳類はみな、象もネズミも一回の呼吸の間に心臓は4回打つ。寿命を心臓の鼓動回数で割ると、どの動物も一生の間の心臓の鼓動回数は20億回、寿命を呼吸時間で割ると、一生の間に5億回呼吸する。

ネズミは数年、象は100年近い寿命だが、心臓の鼓動で測れば、象もネズミも全く同じ長さだけ生きて死ぬのだそうです。

人間も一生の間に20億回も心臓が動くのでしょうか。不思議な話ですね。寿命とは生理学的にも宗教的にも不思議の世界。

まさに「生まれ始めしよりして定まれる定業なり」(蓮如上人)です。

6月の掲示法語

落ちぶれて 袖に涙の かかるとき 人の心の奥ぞ 知らるる (道歌)

法話
「お母さん、行ってきます。必ず立派なお坊さんになって帰ってくるからね。」

「立派なお坊さんになったら別に帰ってこなくていいよ。誰でもお前の世話をしてくれる。しかし、お前が大きな失敗をして誰からも相手にされなくなったり、また病気をしたりしてお寺に居られなぬようになったら、いつでも帰っておいで。お母ちゃんはいつでも待っているからな」

この少年が後に永平寺の北野玄峰という名管長となり、多くの人から仰がれる人になった。

老師は後々、あの別れの時の母の言葉が、自分の一生の支えになったと述懐しておられます。

自分に都合のよい時だけ引受ける「愛」ではなく、無条件にお救いくださる「慈愛」こそ仏の心・如来の大悲です。

7月の掲示法語

弥陀大悲の誓願を ふかく信ぜんひとはみな ねてもさめてもへだてなく 南無阿弥陀仏をとなうべし (正像末和讃)

法話
社員「ただ今サービス週間でございます。どうぞお気軽にお求めください。」

某師「その1週間がすんだらサービスはもうしないのか?」

社員「いやいや、その1週間でお客様を大切にする訓練をいたします。」

某師「お客さまがいなければ、会社は成り立たない。会社・社員はお客さまのお陰で生活している。そのご恩が身に沁みれば、いつもがサービス精神のはず。特別週間を設ける必要はないのじゃないか。」

称名念仏も同じ。仏さまのご恩が深くいただかれておれば、いつでもどこでもお念仏です。特定の日時だけではありません。

8月の掲示法語

死ぬケイコ 出来ぬが残念 ぶっつけで 本番むかえる 不安ぬぐえず (今泉光)

法話
死ぬことの覚悟はすでに出来てるが 初めてなので不安は残る 木村義煕

どちらも毎日歌壇の歌で、死の不安が同じように率直に詠われています。

確かに、死といってもお悔みの欄で見る「あの人」(三人称)の死と、「わが肉親」(二人称)の死は経験できますが、自分(一人称)の死は直接、意識・体験できません。死という現象自体も、死んでどこへ行くかも、如来さまにお任せするばかり。

如来の本願名号を信受できた者は、必ず涅槃のさとりの境界に生まれるとのみ教えです。

9月の掲示法語

自分にはどうしてもお慈悲が素直に信じられません。まだまだ自分が不真面目だからでしょうか?(白井成允)

法話
こう近角常観(ちかすみじょうかん)先生にお尋ねすると、先生は「真面目になって信を得よと、私が言ったことがあるか。自分が真面目になって掴もうとする信心ならば、そんな信心は当てにならぬ、そんな信心何になる。一体、君はいつ真面目になれるのか。親鸞聖人も罪悪生死・煩悩具足の凡夫とおっしゃっているのではないか。しかも、そのような凡夫なればこそこそ、救わずにはおかない本願をおたて下さったのが如来さまである。それがわからず、自分の思いで信心をつかもうとしている限り、いつまでたっても信心の得られるはずはない!」

ここで白井先生の信心が開発。以後、懺悔と念仏が絶えなくなられたということです。

10月の掲示法語

100万回の「ガンバレ!」より一粒の涙 (仏教こども新聞むらかみけん)

法話
清兄ちゃんのお父さんが亡くなりました。沢山の人がお参りに来て、みんなが励ましてくれます。「次はお前が頑張る番だ」「会社のために」清兄ちゃんは泣く間もないくらい、頭を下げました。

一通りの人が帰った後、知り合いのおばあさんが来ました。また頑張れと言われるのかと緊張しましたが、おばあちゃんは清兄ちゃんの頭をなでながら「寂しくなったね」と言いました。この言葉を聞いた瞬間、涙が流れました。おばあちゃんも一緒に泣いてくれました。清兄ちゃんの寂しさを受け止めてくれたのはおばあちゃんだけでした。

人間は寂しさに寄り添ってくださる仏様によってこそ生きていけるのですね。

真宗出雲路派 八王子山 了慶寺・掲示法話より