そもそも永代供養とは そもそも永代供養とは、お墓が住んでいる土地から遠い場所にあったり、仕事が忙しいなどのさまざまな理由があって、お墓参りの出来ない人に代わって、故人のお墓を管理・維持する事を指します。このような墓は、「えいたいくようぼ」あ... 続きを見る

近年増加傾向の草加市の永代供養 ご先祖様へのご供養の仕方も徐々に変化を遂げてきており、特に都会では核家族化や少子化、非婚化など、家族構成のあり方もずいぶんと変わってきております。 さいたま市周辺におきましても、家族構成の変化や様々な事情によ... 続きを見る

年々必要とされつつある永代供養墓 埼玉県春日部市に隣接する松伏町に、浄土真宗善源寺がございます。この寺院の境内には、500以上のお墓が建立できる広大な寺院墓地の他、近年ご利用となる方が増加傾向にある永代供養墓も設置されております。 当寺院の... 続きを見る

当寺院の墓地の特徴とは 越谷市に隣接する松伏町にある当寺院・浄土真宗善源寺境内の光輪霊園は、法要、墓参り、会食がすべて同敷地内で執り行えるよう、広い敷地に充実した設備を設けています。 お墓の選び方として重要になってくる立地や設備などはしっか... 続きを見る

生活スタイルによるお墓の変化 現代は少子高齢化や核家族化が進み、従来とは生活スタイルが変化しています。 それに伴い、お墓を持つということも変化しています。 従来はお寺の檀家となっている家が多く、菩提寺の墓地に代々のお墓があるという家や、菩提... 続きを見る

お墓の準備 永代供養とは? 先祖代々のお墓が既にある人以外は、どこかのタイミングでお墓を準備しなければなりません。 お墓を準備するのに必要な費用は、永代使用料と墓石代、そして管理費です。 永代使用料とは、墓地の一区画を購入する場合、通常の土... 続きを見る

都市部の墓地不足問題 近頃の日本は都市部に人口が集中することによる過密化と地方の過疎化という問題が発生し、その結果都市部では墓地が不足して、地方ではお墓の後継者が不足しています。それは当寺院・善源寺のある松伏町を含む埼玉東部地域でも例外では... 続きを見る

草加市周辺の墓地に関するお悩みは浄土真宗の寺院へ 草加市周辺でお墓をお探しであれば、隣接する松伏町に浄土真宗の寺院である当寺院・善源寺がございます。 当寺院の境内には、約520区画にも及ぶ広大な墓地が完備されており、区画の広さも1.08㎡の... 続きを見る

三郷市にお住まいの門徒の方がお墓を買うこと お寺は、檀家という制度が存在しますが、これは別の仏教国に見られない日本特有の文化になります。 檀家とは、特定のお寺に帰属して、施しをするという契約を結んでいる家庭のことを指します。 お寺が葬祭のと... 続きを見る

草加市の永代供養とは 古来より、お墓とは、家々で建立し、これを代々保持していくものであります。 しかし、最近では、核家族化、未婚化等様々な理由で、家としてのお墓の維持・管理というものが困難となりつつある事例が、多くなってきております。 又、... 続きを見る

TOPへ