さいたま市で霊園をお考えなら光輪霊園    

墓地と霊園、ふたつのメリットを併せ持つお墓

都心に生活する方のお墓の選び方

さいたま市霊園

生まれ育った土地に住み、先祖代々のお墓がある方は墓地の心配をする必要はありませんが、さいたま市のような移住者の多い地域で暮らす方には、いずれお墓を選ぶ必要が生じるでしょう。

お墓には大きく分けて「墓地」と「霊園」のふたつがあります。

「墓地」とはお寺や教会など宗教施設の敷地内にあるものを指し、それ以外は「霊園」と呼ぶのが一般的です。

それぞれ長所と短所がありますので、どういったお墓を建てるかを決める前に、それぞれの特徴を知っておきましょう。

墓地と霊園の長所と短所

さいたま市霊園

墓地はお寺の境内にあるものですから、墓地を利用できるのは仏教徒に限られたり、宗旨・宗派が厳しく制限されている場合もあります。

また、「檀家」と呼ばれるグループに参加する必要もあります。

墓地を管理するのはお寺の住職ですが、墓地の設備の維持や修繕は「檀家」の寄付などによって行われています。

そのため、お寺にお墓を買って終わるということにはならず、檀家となり、墓地の運営をお寺や他の檀家の方々と共同で支えるという義務や責任が生じます。

その分、地域の方々との一体感が得られたり、手厚い供養が受けられる安心感が得られるのが寺院墓地の利点です。

一方、霊園を利用するには国籍や宗教上の制限はありませんし、檀家制度のように責任や負担が生じることもありません。

公営霊園の場合、住所の制限や、生前購入ができない、申込みが集中した際は抽選になるなどデメリットはありますが、購入後の負担が少ないのは大きな利点です。

いま求められる墓地の在り方とは

さいたま市霊園

墓地と霊園、どちらにもメリットとデメリットがあります。では、どちらの利点も併せ持ったお墓というものは無いのでしょうか。

寺院の敷地内にありながら、檀家になる必要がなく、宗旨・宗派不問で利用できる「寺院霊園」は、こういった要求に応える最適な答えではないでしょうか。

善源寺境内内の光輪霊園は、さらに、法事・葬儀といった法要から祭事全般にご利用頂ける施設を完備しております。お気軽にお問い合わせください。