お墓・墓地の種類    

お墓・墓地の種類

お墓・墓地といっても様々な運営形態があります。

宗教法人が運営している寺院墓地・各都道府県や市区町村が管理運営している公営墓地・通常は宗教法人や財団法人が主体となっているのですが、宗教法人の経営であったとしても宗派不問で販売されている民営墓地の3つに分類できます。

寺院墓地

寺院墓地とは、通常は寺院の境内地にあり、その寺院が管理している墓地のことになります。他には民営墓地や公営墓地などがありますが、寺院墓地はそれらの墓地とは大きく異なります。

寺院墓地では、墓地をその宗教活動の一部として行っています。そのため、寺院墓地にお墓を建てるということは、原則としてその寺院の宗派の檀家になる必要があるのです。寺院墓地にお墓を建てる際には、まずは寺院の住職にお寺との付き合い方や行事、檀家になるための費用やその管理費などについて確認するようにしましょう。

墓地を選ぶ際には環境や墓地までのアクセスも大切になってくるのですが、寺院墓地の場合にはそれに加えて住職の人柄も見るようにしましょう。信頼して長期的にお付き合いできる住職かどうかということも、墓地を選ぶ際に重要になってきます。

条件が一つ増えてしまうため、寺院墓地にはデメリットがあると思われた方もいらっしゃるかもしれません。しかし、寺院墓地には他の墓地にはない大きなメリットがあるのです。

それはお墓の最大の役割とも言えるかもしれませんが、先祖を手厚く供養してもらえるという点になります。また、お墓参りの際には同時に本堂へもお参りすることができますし、法要を任せる際に手間がかかることもありません。

その他にも、お寺の墓地は基本的に管理が行き届いています。さらに寺院にあることが多いですので、交通の便が良くお墓参りも楽に行うことができます。このようなことから、寺院墓地は先祖を祀るには最も適した墓地だと言えるかもしれません。

公営墓地

公営墓地というのは、各都道府県や市区町村が管理運営している墓地のことになります。公営墓地の最大の魅力としては、寺院墓地や民営墓地などと比べると管理費や永代使用料などが安いという点になります。

公営墓地は公的機関になりますので、宗教には一切関与していません。そのため、仏教をはじめキリスト教や無宗教であったとしても利用することができるのです。また、地方自治体が管理運営しているため、安心して利用することができるというのも特徴の1つと言えるでしょう。

しかし、公的機関になるため募集の時期が決められています。必要な時に申し込むことができる寺院墓地や民営墓地と比べると、その点が利用しにくいと言えるでしょう。時期が決められているだけでなく、競争率が激しい地域ではなかなか入手することができません。

公営墓地の多くは、公園墓地になっており広々と気持ちの良い環境の中にあります。しかしその反面、広すぎるため墓地の敷地内についてから自分のお墓まで行くのに時間がかかったり、自分のお墓を見つけにくかったりというデメリットもあるようです。

また、墓地によっては使用する墓石の大きさに制限を設けているところもあります。基本的には墓石を作る際に石材店を自由に選ぶことができるのですが、墓石の大きさには制限があるところもありますので事前に確認しておくとよいでしょう。

デメリットは色々ありますが、低価格で安心して利用できるという魅力が大きな人気を呼んでいます。しかし人気すぎてなかなか取得が難しいですので、寺院墓地などと検討しながら申し込むのが良いのではないでしょうか?

民営墓地

民営墓地は、通常は宗教法人や財団法人が主体となっているのですが、宗教法人の経営であったとしても宗派不問で販売されている墓地のことになります。墓地を購入するために特別な資格が必要ありませんので、例え生前であったとしても購入することができます。

例えば、公営墓地の場合は未納骨の遺骨があることが求められたり、またはその自治体に居住していなければならないなどの申し込み資格が存在します。しかし民営墓地には継承者が必要になるということ以外の特別な条件はありません。そのため、契約をすれば誰でもいつでもお墓を持つことができるのです。

さらに、民営墓地では様々な区画を用意されていることが多いです。小さな区画から大きな区画まで、予算に合わせて自分に必要な大きさを選ぶことができるのです。最近ではバリアフリーの墓地が多くなってきていますので、体が不自由な方も安心してご利用することができます。

しかしその反面、民間墓地の管理費や永代使用料などは、公営墓地と比べると割高になっていることが多いです。また、民営墓地の中には永続性への信頼に欠ける墓地があることも事実です。さらに墓石用の石材店が限定されていたり、中には指定されていたりする民営墓地が多いです。そういった石材店は、価格も割高になっていることがあるためそこも踏まえて考える必要があります。

価格や永続性にこだわらずに自由度を最優先に求めるという方には、民営墓地が最も良いと言えるかもしれません。しかし、将来のことも考えてじっくりと比較検討するようにしましょう。