墓地の種類はどのようなものがあるのか    

墓地の種類はどのようなものがあるのか

墓地を準備しなければいけない機会は人生でも数少ないものなのです。

そのため、いざ準備しなければならないという時にどう選べば良いのかよくわからないという方も多いかと思います。

そもそも、墓地にはどういう選択肢があるかというと、公営墓地、民営墓地、寺院墓地、そして永代供養墓とに分かれます。

どれにもメリットがある反面、デメリットも存在します。お墓は長い期間に渡っての管理が必要となりますが、その管理方法についてもこれらは大きく異なりますので、自分の家はどのタイプが合っているのかをよく考えて選択する必要があります。

公営墓地と民間墓地とは

墓地には公営、民間、寺院とに分かれますが、その特徴はどのようなものでしょうか。

公営は都道府県や市区町村が運営していて、そのメリットはなんといっても費用がリーズナブルなことです。

また、宗教に関与していないためどのような宗教のお墓でも建てられるメリットがある反面、条件が限られていたり、募集時期が限定されるというデメリットもあります。

民間のものは、公営に比べて費用が高くなる傾向にありますが、条件はゆるく誰でも時期に関係なく購入することができる一方で、墓石の業者を指定されることもあります。

草加で人気の寺院墓地

公営、民営の他には寺院内に設置されているお墓があります。

これは寺院内にあるため、基本的には管理をしっかりしてくれて、手厚く供養してもらえるというメリットがあります。また、法要などの段取りがスムーズに取れます。

一方で寺院内にお墓を建てるためにはその寺の檀家になる必要があるため、檀家として寺院とのお付き合いで費用がかさむというデメリットがあります。

しかし、草加市が位置している埼玉東部の松伏町にございます浄土真宗善源寺では、寺院墓地でありながら宗旨宗派の制約を受けない光輪霊園がございます。また当寺院の門徒(檀家)様にご登録されれば年間管理料が0円となるという特典があり人気となっています。

費用抑え目で寺院にお墓が持てます

草加市を擁する埼玉東部地域でご好評をいただいております当寺院・浄土真宗善源寺は通常の寺院ではかかることの多い年間管理費ですが、門徒(檀家)様は0円となっております。

また、ご入会金1万円(税別)の光輪会にご入会いただければ、建立時の基本字彫代6万円相当がサービスされる他、葬儀の際の各種道具やサービス代が割引になり、高額な費用をかけなくても寺院内のお墓を維持できるシステム作りがなされています。

また、寺院内には永代供養墓もございます。

少子高齢化などによる現代の生活スタイルの多様化に伴い、各家でお墓の保持や管理が難しいという方でも、永代供養墓は寺院が供養・管理するので安心です。

また、永代供養墓についても寄付や管理費は不要です。