越谷で墓じまいの必要に迫られる時代    

墓じまいの必要に迫られる時代

今の日本はお墓を継承できる人が少子高齢化で減っていき、まだ自分が元気なときに、このお墓の問題を何とかしなければと考えている方も増えてきていて墓じまいを行い永代供養を選択したり、お墓を改葬する人が多くなっています。

墓じまいをして永代供養墓やお墓の改葬を選ぶのには、お墓の後継者がいなかったり、お墓を管理する負担を子供にかけたくなかったり、経済的にお墓を維持していくことができなかったり、墓参りにいくには高齢になり過ぎていて精神的に負担になってきていたり、お墓が遠過ぎて管理していくことができなかったりする理由が挙げられます。

埼玉県越谷市で亡くなった方の永代供養

永代供養は、後を継ぐ人がいないという理由で自分の力で供養することができなくなってしまったときに、お寺に供養を施主がいない形式で供養してもらうように依頼することになります。

埼玉県越谷市で亡くなった方の永代供養を善源寺で承ったときには、故人の命日やお彼岸、お盆などの日に読経したり、塔婆をあげたりなどして供養を行います。

永代とはいっても永遠に供養をするという訳でなくて、霊園やお寺との契約により取り決められた期間中は霊園やお寺の運営が続く限り、お墓を管理してもらえることとなっています。

墓じまいとはどんなものか

埼玉県越谷市にお住まいだった方からの永代供養墓への納骨を善源寺で承ったときには個別の骨壷で供養する期間は、三十三回忌を迎えるまでとなっていて、三十三回忌が過ぎた後は、合祀専用区画の墓地に納骨して供養するという手順となります。

一方墓じまいは、お墓の後を継いでいく人がいなくなったなどといった理由から、お墓を処分したり撤去したりする事になります。

永代供養をお寺に依頼するときには規約を確認しておく必要があります。

お墓を処分したり撤去したりするときには、魂抜きというお墓から魂を抜いて墓石ではない、ただの石に戻す法要をします。

永代供養墓への改葬手順について

お墓の改葬は、一度埋葬していた遺骨を別の納骨堂や墓地に移すことになります。

改葬は、移す前の墓地がある場所を管轄する役所から改葬許可証を交付してもらい移す先の墓地を管轄する役所に、その改葬許可証を提出しなければなりません。

永代供養墓への改葬手順は、まず改葬許可申請書を提出して、新しく納骨する墓地・永代供養墓を管理している寺院又は霊園から受入証明書を発行してもらいます。

次に改葬許可証を受け取り、閉眼供養を行い遺骨を取り出します。

そして、元々葬られていた墓地の区画を更地に戻し、移転先のお寺に遺骨と改葬許可証を提出して永代供養墓への納骨を行います。