核家族化で関心が集まる吉川市の永代供養    

核家族化で関心が集まる永代供養

近頃は核家族が増え、また少子化の影響などでお子様がいないために、お墓を継がせることができなくなっている方が多くなっています。

そのために、近頃は永代供養墓に関心が集められています。

この供養の方法に関心が集まるのは、お墓を継いでくれる方がいない場合だけでなく、経済的な理由でお墓を維持していくことが難しい場合や、高齢になりお墓参りに行くのが心理的負担になるなど様々な理由を挙げることができます。

永代供養は、霊園やお寺が遺骨をお預かりして、管理や供養を行う方法のことで、亡くなる前にご本人が申し込むことが可能です。

埼玉県吉川市の永代供養の方法

管理方法が霊園やお寺により違ってくるので、検討するときには供養の方法を詳しく確認する必要があります。

霊園やお寺により遺骨を個別に供養する期間が予め取り決められていて、埼玉県吉川市にお住まいの方が、生前の永代供養を善源寺において承る場合は、三十三回忌を迎えるまでは個別の骨壷で遺骨を供養し、三十三回忌を経過した後はお寺の境内にある合祀墓に遺骨を移し、引き続き供養します。

永代供養墓は個人ごとに墓石代を負担する必要がなく、一般的な墓地では発生する管理費用も定期的に支払う必要もないため、比較的に安価な費用で利用できます。

供養方法の利点と欠点について

永代供養の利点は、管理や供養については基本的に霊園やお寺が行うため、個人のお子様方が管理や供養をする必要がなくなるという点が挙げられます。

また、宗派や宗旨は自由な事が挙げられます。

埼玉県吉川市の永代供養を承る善源寺も宗派や宗旨を問わない方法も用意しています。

三十三回忌を過ぎて合祀されたときには、個別に遺骨を取り出せなくなる為に、他の方の遺骨と一緒に合祀されるということに理解を示していただく必要があります。

今のところ、まだ新しい供養の方法なため親族の方々でも充分に話し合ってご利用いただければと思います。

お墓から永代供養墓に切り替える手続き

今あるお墓を改葬や墓じまいをして永代供養墓に切り替えるには手続きが必要になります。

改葬は過去に葬った遺骨を他の場所に葬ることで、墓じまいは墓地の区画から墓石を撤去することです。

改葬や墓じまいやの手続きは、まず新しく葬る墓地に受入証明書を発行していただく必要があります。

そして今の墓地に埋葬許可証明書を発行してもらい、今の墓地の市区町村の役場に受入証明書と埋葬許可証明書を一緒に提出して、役場から改葬許可証を発行してもらいます。

今の墓地に改葬許可証を提示し遺骨を取り出し、新しく葬る墓地に改葬許可証を提示して遺骨を納めます。