埼玉県春日部市の永代供養    

埼玉県春日部市の永代供養

近頃は少子高齢化や核家族化が進み、ご供養についての意識が薄れてきており、埼玉県春日部市を含め都市部を中心に永代供養を希望する人が多くなっています。

永代供養は、霊園や寺院が故人の遺骨をお預かりして供養と管理を行うことを指します。

当寺院・善源寺では埼玉県春日部市で亡くなった方の永代供養も承っております。

この方法を選ばれる主な方は、墓地が遠過ぎてなかなかお墓参りに行くことができないので、お寺の人にお墓の清掃や供養を依頼したい方などです。

また、跡継ぎがいらっしゃらず、お墓を維持していくことが難しい方も、この方法を選んでいます。

仏壇の引き継ぎについて

そして仏壇についても、近頃は仏壇がない家も若い方々を中心に多くなっています。

そのため位牌をお寺に置いて供養をするという方法も近頃は多くなっています。

位牌をお寺に置く永代供養は子供が離れた場所で家庭を築いているため位牌を継ぐことがない人という方が選んでいます。

また、お子様に先立たれたり、女系のご家族など、仏壇やお墓を継ぐ人がいないも選んでいます。

お墓を親族が管理しなくても良い点や、一般的なお墓より費用が安く宗派や宗旨なども問われない点がメリットとして挙げることができます。

永代供養のデメリットなどについて

また永代供養は合祀されるため特定の人の遺骨だけを取り出せないことや、お墓が他の人と共同になることがデメリットとして挙げられます。

後を継ぐ方がいないという理由で、お寺に永代供養を依頼するときには、今まで引き継いだ位牌をどう取り扱うかが問題になりますが、必ず守らなければならない決まりがあるわけではないです。

依頼する霊園やお寺により取り扱い方が違うことがあるため、春日部市などの埼玉県東部地域(松伏町・越谷市・吉川市・三郷市・草加市)で亡くなられた方については善源寺にご相談ください。

位牌をお預かりして供養することもあります。

永代使用権との違いについて

永代使用権と永代供養権は似ている言葉なのですが、意味合いはまったく違うため注意が必要です。

永代使用権はお墓を使用できる権利で一般的なお墓が持っている権利です。

使用するだけの権利で土地については所有できません。

後を継ぐ人がいないときや管理料を滞納すると権利が失われることがあり、無縁仏になる可能性があります。

永代供養権はお墓を供養したり管理したりしてもらえる権利で、一定の期間お寺や霊園などで管理をしてもらうことができる権利になります。

後を継ぐ人がいないときも供養され管理されることになります。