埼玉県越谷市で亡くなった方の供養について    

埼玉県越谷市で亡くなった方の供養について

今までのお墓は子孫が受け継ぎ供養していくのが一般的でしたが、現代は少子高齢化などにより家族の形が変わっていき、お墓の後を継ぐ方が不足しています。

お墓は一般的に後を継ぐ方がいない場合は、契約することができなかったり、難しいのですが、永代供養墓については後を継ぐ方がいなかったとしても、ご本人がご存命の間に契約することが可能なため、契約する人が多くなっています。

永代供養は、お墓の後を継ぐ人がいなくなった場合に、お寺が一定の期間、供養を行うことを承ることです。

善源寺は埼玉県越谷市で亡くなった方の永代供養を承ります。

霊園やお寺などで異なる供養方法

永代供養は、個別の骨壷などで一定の期間、供養をする契約を取り交わし、契約で定めた期間が経過したら、合同の納骨堂や墓地に移動する場合と、初めから合同の墓地に合祀される場合があります。

霊園やお寺によって個別の骨壷で供養する年数や、合同の墓地の形、供養方法や供養する期間については大きく異なっていて、供養する料金についても異なってきます。

善源寺で埼玉県越谷市で亡くなった方の永代供養を承るときは、個別の骨壷で三十三回忌を迎えるまで供養し、その後は合同のお墓に合祀して供養することになります。

様々な骨壷を安置する方法

遺骨が一時的に保管される場所として使われていた納骨堂でしたが、永代供養の場所としての役割を担ったりと、種類が増えてきています。

納骨堂は一般的に骨を納める形態によって、ロッカーに安置する形式、棚に安置する形式、仏壇に安置する形式、お墓に安置する形式に分けられます。

お寺で運営する場合は、寺院の中や寺院の敷地の中にあります。

お寺で運営する墓地とは異なり、ほとんどの場合は宗教や宗派による制限がなく、檀家にならなければならない訳ではありません。

善源寺では骨壷を棚に安置し、宗教や宗旨・宗派による制限がない方法も提供しています。

近頃注目を集める手元供養

民間企業が運営している場合は、公益性がある活動をしている法人が管理する納骨堂になっていて、様々なサービスや様々な要望に応えられる設備が備えられていることが多いです。

公営の場合は、各市町村や区などが管理していて、費用についてはお寺や民営の所と比べると安い所が多いですが、利用するためには条件が設定されています。

また、遺骨の一部を自分の家で保管をして故人を偲ぶという人が多くなっていて、この方法のことを手元供養と呼びます。

手元供養を行うことによって、大切な方の遺骨を傍に置けるため心の拠り所にすることができます。