越谷の霊園でお墓を選ぶ際のポイントとは    

3つのカテゴリーの利点

お墓選びには大きく分けて公営霊園、民間霊園、私ども善源寺にございますような寺院霊園と3つに分類されますが、それぞれに利点がございます。

公営はなんといっても維持・管理にかかるお金が安く、民間は費用はかかるものの管理組合があるので安心して任せられ、お墓参りの際の手桶やひしゃくなども常備されているというメリットがあり、そして寺院霊園はお寺に敷地内にあるので安心して管理をお任せいただくことができる上、法事などのイベントも同じ敷地内で行うことができるため、トータルでご利用いただくことができ、安心度が高いというメリットがございます。

カテゴリーごとのデメリット

一方、利点があればそれぞれの霊園にもデメリットはあります。

まず、公営は管理費が安い分、最低限の管理しかしてもらえないようなところが多くございます。お墓参りに必要な道具も全て持参しなければならず、納骨や埋葬などの手配も全て自分で行わないといけないので管理を自分たちで負担する部分が大きい特徴があります。

民間は面倒な手配や道具の準備といった手間はありませんが、管理費高めに設定されているので費用が掛かります。

そして寺院霊園は基本的に檀家にならなければならないため、管理費およびお布施(寄付金)そしてお盆などの行事ごとのイベントに費用がかかるといった特徴があります。

費用がかからない寺院霊園

これらの利点や注意点を踏まえて自分たちにあったお墓の選び方をしなければなりませんが、寺院霊園は安心して任せられるので憧れつつも、費用が高いので我が家には無理、檀家にはなっていないし、宗派もよくわかっていないので自分たちには敷居が高いと諦める人は少なくないと思います。

しかし、埼玉県越谷の程近くににある私ども浄土真宗善源寺の境内にございます光輪霊園は費用を抑えてお墓を維持することができ、宗派に限らずにお墓を持つことができる仕組みを整えております。

寺院内の墓地ではありますが、仏教の宗派だけではなく、あらゆる宗教の方でもお墓を持つことができます。

越谷の善源寺内霊園の特徴

宗派、宗教に限らずどなたでもご利用いただくことができますが、さらに善源寺の門徒(檀家)になると管理料がゼロ円となります。

しかし善源寺の門徒でいらっしゃらない場合でも管理料は年間1万円なので決して高額ではありません。

また、お寺の檀家になると一般的にはお布施やイベントごとに費用がかかりますが、善源寺の場合は寄付金は一切不要というスタンスで運営されておりますので、費用がかからずに門徒としてさまざまなサービスをご享受いただくことができます。

同じ敷地内には本堂・客殿といった大規模な法要施設や、70台駐車可能な広々とした駐車場が完備されているので、選び方のポイントに欠かせない設備面も充実しております。