お墓の継承者がいない悩みの対策    

お墓の継承者がいない悩みの対策

最近の日本は、出生率が減少の一途を辿り生活の形態も様変わりしています。

この変化によってお墓の継承者の問題で悩んでいる人が多くなってきているのですが、永代供養墓に遺骨を安置することによって、無縁墓になることを避ける事が可能なため、この方法を選択する方が多くなっています。

永代供養は、自分が亡くなったときに供養する子供がいないなどの理由で霊園やお寺などに自分の遺骨を預けて管理と供養をしてもらうことになります。

霊園やお寺が永代供養を引き受けたときは、亡くなった方の命日やお彼岸、お盆などに読経し供養します

春日部市の方の永代供養

霊園やお寺により遺骨を個別に供養する期間や、納骨堂や墓地の形、供養する方法など細かい取り決めに差があり、費用についても差があります。

遺骨を個別に供養する期間は一般的に三十三回忌までとしている霊園やお墓が多く、隣接する春日部市の方の永代供養を受け付けている善源寺でも三十三回忌まで個別で遺骨を供養します。

その後は、樹木葬式合同墓にて合祀して供養を続けます。

そして、霊園やお墓によっては管理費が別途発生する場合もありますが、春日部市の方の永代供養を受け付けている当寺院では管理費が一切発生しません。

永代使用料との異なる点

永代供養料は遺骨を一定期間個別で供養し、期間が経過した後も合同墓などに合祀して永代に亘り供養する対価としてお支払いする料金のことです。

よく似ている言葉に、永代使用料という言葉がありますが、永代使用は霊園やお寺の区画を確保するときに永代使用料が発生し、その後も管理料などを定期的に支払っていってお墓を維持させていくというものです。

一般的なお墓はこれに該当し、霊園やお墓の区画を永代に亘り使うための料金になります。
永代使用墓のデメリットは、継承者がいないと管理料を払う人がいないため、無縁墓になるということです。

永代供養のメリットとデメリット

永代供養のメリットしては、

永代に亘って管理したり、供養したりしてくれるため故人の遺族がお墓を管理し続ける必要がないこと

一般的なお墓を建立するときよりも墓石を購入する費用などが発生しないため料金を比較的安目に抑えることができること

一度費用を払ってしまえばその後に管理費などが別途発生することがないこと

お寺の境内に納骨棚や合同墓が設置されていることがほとんどなため交通アクセスが良い立地なことが多いことなどが挙げられます。

永代供養のデメリットとしては、

合同墓に合祀されるとその後に故人だけの遺骨を取り出せないことなどが挙げられます。

しかし、先に記したとおり、管理のしやすさや費用の面などから考えると、非常に合理的なものではございますので、永代供養を選ばれる価値は十分にあると考えられます。