終の棲家の探し方について    

終の棲家の探し方について

お墓の継承者がいないという問題は近頃深刻になりつつあり、無縁仏が多くなる一因となっています。

墓地や霊園の区画の使用権がない人や田舎に建っているお墓を移動させる改葬を検討している人は、最初に墓地や霊園を探すことから始める必要がありますが、経営する組織で分類すると大まかに三種類に分けることができます。

公営霊園とは、市町村の自治体や各都道府県が管理している霊園で、民営霊園と比較すると発生する費用が安いということが特徴になりますが、応募してくる人がたくさんいるため抽選になかなか当選しない状況になっています。

越谷市にお住まいの方のお墓

民営霊園は、株式会社や財団法人などの民間の企業が経営する霊園で、使用する人の住んでいる場所や宗派に条件がなく、区画の面積についても希望に合わせて選ぶことが可能なことが特徴になります。

寺院墓地は、檀家さんとお寺との関係によって作られているもので、宗派が制約されている場合と、宗派が制約されていない場合があります。

越谷市にお住まいの方のお墓も建てることができる隣町・松伏町の善源寺では寺院の墓地でありながら、宗旨宗派を問わない光輪霊園を完備し、永代供養墓も用意されています。

墓地の探し方のポイント

墓地の探し方のポイントですが、まずお墓にお参りしに行きやすい立地条件かどうかということが挙げられます。

越谷市にお住まいであれば隣町にございます善源寺はお墓参りに訪ねるのに適した立地となっています。

また、きちんとお掃除がされているかどうかや、お墓をお参りするための道具が備わっているかどうかや、係員による応対がきちんとしているかどうかといった運営体制も大切になります。

自分の宗教や宗派と墓地が規定している宗教や宗派に合っているかどうかや、宗派を問わない場合であっても自分の宗派の作法で法要ができるかどうかについても確認する必要があります。

色々な納骨堂について

お墓を建立するときには、永代使用権という権利を得る必要があるのですが、納骨堂に遺骨を納めるときには遺骨を寄託する契約を結ぶことになります。

納骨堂の中に遺骨を預けて管理してもらうという権利になります。

納骨堂の形式には色々な種類が提供されています。

遺骨が納められた骨壷をロッカーに安置する形式や、仏壇の下に骨壷を安置するためのスペースが用意されている納骨壇や、納骨堂の中に墓石が設置させている形式など色々あります。

納骨堂の建物の中なので遺骨が土に還ることはないのですが、お墓としての機能を充分果たすことができるため選ぶ人が多くなっています。